連載

倉重篤郎のニュース最前線

元毎日新聞政治部長のベテラン記者が、各界の論客らと共に、政局や政策などの最前線を徹底分析します。

連載一覧

倉重篤郎のニュース最前線

総裁選観戦記 痛言 首相の器が一人もいなかった 安倍・菅「負の遺産」に向き合わず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影
自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影

亀井静香・元自民党政調会長

山崎拓・元自民党副総裁

金子勝・慶應大名誉教授

柳澤協二・元内閣官房副長官補

 菅氏辞任と総裁選によって「自民党劇場」が活性化している。だがそこに安倍支配を変える契機はまったく見当たらない。かつて日本の針路を左右した総裁選の意義は、忖度政治下に失われてしまった。状況に危機感を抱く4人の論客が、それぞれの立場で「存在感なき戦い」を凝視した―。

 自民総裁選は自民党の生命維持装置だと申し上げてきた。

この記事は有料記事です。

残り5147文字(全文5355文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る