連載

人間ドキュメント・季節の人たち

早稲田大在学中からライター活動を始めた気鋭のジャーナリストが出会った人たちのドキュメントです。

連載一覧

人間ドキュメント・季節の人たち

/142 〝スマート〟が伝わりにくい「スマートシティー」=森健

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 二〇一四年十一月、神奈川県藤沢市の住宅街にある新しい会場には国内外の報道機関が百人近く集まっていた。海外勢だけでもアメリカ、フランス、ペルー、スリランカなど五十人以上。パナソニックが新しい街をつくるというプロジェクトの取材のためだった。

 この「街」には一年近く取材をし、おもしろく見てきたが、どこかちぐはぐな印象もあった。

 かつてこの場所には松下電器産業(現パナソニック)の家電工場があったが、二〇〇九年に撤退。跡地にできたのが藤沢・サスティナブル・スマート・タウン(FSST)という「街」だった。ここでは太陽光発電やITを使って区域内の電力を効率的に融通する仕組みを導入。震災後のエネルギーや地域のあり方を企業が住民とともに取り組むという話だった。

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1334文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る