連載

読んでトクする社会保障

社会保障制度に精通するプロが、分かりにくい医療や年金、介護など各種制度を丁寧に解説します。

連載一覧

読んでトクする社会保障

社会保障フォーラム/176 オランダに学ぶ世界有数の年金制度

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
首相府や国会議事堂などがあるビネンホフ=オランダのハーグで2014年3月、澤田克己撮影
首相府や国会議事堂などがあるビネンホフ=オランダのハーグで2014年3月、澤田克己撮影

 <プロがこっそり教える 読んでトクする社会保障>

 ◆年金

 オランダと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。運河が流れる美しい街並み、チューリップに風車。そんな魅力がいっぱいですが、年金制度も世界で高い評価を受けているのです。

 十分性、持続性、健全性の観点で国際比較を行っている「グローバル年金指数ランキング」(マーサーCFA協会発表)では昨年、43カ国中の総合2位、一昨年は39カ国中1位に輝いています。一方の日本は昨年36位、一昨年32位となっています。

 オランダの年金制度は3階建ての仕組みです。1階部分が一般老齢年金(AOW)で、賦課方式による全国民共通の基礎年金です。日本と似た制度ですが、年金額は単身者の場合、法定最低賃金の70%が給付されます。

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1261文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る