メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

ベテラン専門記者による日替わりコラム。火曜日は、玉木研二客員編集委員が、長年の社会部取材の経験に裏打ちされた論を展開します。

  • 置き去りの悲しみ=玉木研二

     <ka-ron> 今年は東西冷戦時代を切り崩したベルリンの壁崩壊から30年になる。この歴史の大転換劇を各メディアはさまざまに検証している。 政治史や外交史の視…

    (2019年3月26日 02:56)

  • オリンピック外伝=玉木研二

     <ka-ron> 何でも、石に刻まれた顕彰碑文などより逸話が面白い。 東京・九段南にある戦中戦後生活の博物館「昭和館」で、特別企画展「日本のオリンピック・パラ…

    (2019年3月19日 02:27)

  • 沈黙の教室=玉木研二

     <ka-ron> 5月に日本でも公開されるドイツ映画「僕たちは希望という名の列車に乗った」の舞台は1956年、東ドイツだ。実際の高校生たちの西側亡命事件に基づ…

    (2019年3月12日 02:16)

  • 深海のホーネット=玉木研二

     <ka-ron> 衆院予算委員会で、海上自衛隊護衛艦「いずも」型の改修が専守防衛上禁じ手の「攻撃型空母」に該当するか否かの問題が取り上げられた先月13日。水深…

    (2019年03月05日 03:05)

  • キーンさんの余話=玉木研二

     <ka-ron> この日曜日朝、96歳で亡くなったドナルド・キーンさんとは「戦後60年」の社会変化を論じてもらう記事企画でお会いした。 はにかんだような笑みが…

    (2019年2月26日 02:30)

  • お見通しの時代=玉木研二

     <ka-ron> 昭和の初めごろである。正月の深夜、川端康成の自宅に泥棒が忍び込んだ。 若き新進作家は寝床で足音に気づき、息をこらした。泥棒は物色し、枕元に近…

    (2019年2月19日 02:42)

  • 「国家」の証明=玉木研二

     <ka-ron> 「日本近代統計の祖」の墓は東京・染井(そめい)霊園にあった。 杉亨二(すぎこうじ)(1828~1917年)。国会で統計不正の追及と弁明がカラ…

    (2019年2月5日 02:20)

  • パリのアメリカ人=玉木研二

     <ka-ron> 東京から長期公演がスタートした劇団四季の新作ミュージカル「パリのアメリカ人」を見た。原作を知る人も多いだろう。米ハリウッドで1951年制作の…

    (2019年1月29日 02:43)

  • 横綱の引き際=玉木研二

     <ka-ron> この日曜日は大相撲初場所の中日(なかび)。天皇、皇后両陛下が平成最後の観戦をされた。結びの一番はモンゴル、ブルガリア出身力士。平成角界の移ろ…

    (2019年1月22日 02:30)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです