メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

  • トランプ米大統領に関するまとめページです

1390日前に配信

1359日前に配信

  • 米国
    入国禁止、新たな大統領令 複数州、提訴の構え

     【ワシントン朴鐘珠】トランプ米大統領は6日、テロリストの流入阻止を目的にしたイスラム圏7カ国からの入国を禁ずる大統領令に代わる、新たな命令に署名した。対象からイラクを除いて6カ国とし、米国入国を90日間禁止する。米国の査証(ビザ)や永住権(グリーンカード)の保有者は対象外とする。一部の州が早くも提

1359日前に配信

  • トランプ米大統領 「海軍再建」 戦闘艦増強、演説で訴え

     【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は2日、南部バージニア州で建造中の最新鋭原子力空母「ジェラルド・フォード」艦上で演説し「軍と海軍を再建する」と訴えた。トランプ氏は国防費を2018会計年度予算から540億ドル(約6兆円)増額すると表明したばかり。海軍の戦闘艦を現有の274隻から350隻に増強す

1359日前に配信

1359日前に配信

1359日前に配信

1359日前に配信

1359日前に配信

1359日前に配信

1368日前に配信

  • トランプ大統領 「米国第一主義」へ雇用創出 初議会演説

     ◇演説のテーマは「アメリカンスピリットの再生」 【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領は2月28日午後9時(日本時間1日午前11時)過ぎから、連邦議会の上下両院合同会議で就任後初となる議会向けの演説を行った。「米国第一主義」を掲げるトランプ氏は、「歴史的な税制改革」と「不法移民規制の強化」によっ

1368日前に配信

1368日前に配信

1368日前に配信

1368日前に配信

1368日前に配信

  • 社説 トランプ大統領 なぜ批判を封じるのか

     おぞましいほど露骨なメディア選別と言わざるをえない。 米ホワイトハウスの24日の定例記者会見が懇談に変わり、ニューヨーク・タイムズやCNNなど少なくとも10の報道機関が締め出された。 CNNなどが報道への報復だと反発し、ホワイトハウス記者会が抗議声明を発表したのは当然である。一般にギャグル(ガチョ

1368日前に配信

1368日前に配信

  • 揺れる世界 「記者夕食会」欠席へ トランプ氏、異例対応

     【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領は25日、自身のツイッターで、ホワイトハウスで取材するメディアで作る記者会が毎年春に開催する夕食会に出席しないと表明した。トランプ政権は、批判的な報道やメディアを「フェイク(偽)ニュース」と呼び、「国民の敵だ」と攻撃。24日には、政権に批判的な報道が多いCN

1368日前に配信

  • 米アカデミー賞 有名女優ら政権批判 フォスターさん「抵抗の時だ」

     【ロサンゼルス長野宏美】第89回米アカデミー賞の授賞式が26日夜(日本時間27日午前)、米西部カリフォルニア州ハリウッドで開かれる。移民に対し排外的なトランプ大統領への反発が強まる中、授賞式は政治色が強まった内容になることが予想されているが、式典を前に早くも有名俳優らが政権批判を繰り広げている。 

1368日前に配信

  • 米政権 10メディア排除 記者会が抗議声明

     【ワシントン西田進一郎】米ホワイトハウスのスパイサー大統領報道官は24日、定例記者会見を非公式な形に変更し、CNNやニューヨーク・タイムズ紙など少なくとも10報道機関の参加を認めなかった。CNNは政権批判への「報復」だと反発しており、メディアとの対立は激化する一方だ。(3面に関連記事) この日は元

1368日前に配信

  • 米国 「国民の知る権利侵害」 メディア、政権に猛反発

     米ホワイトハウスは24日、スパイサー大統領報道官の非公式会見の場から一部メディアを排除する「実力行使」に踏み込んだ。ロシアとの癒着疑惑報道などにいらつくトランプ米大統領は「匿名の情報源」を根拠にした報道を「認めるべきでない」とも発言。メディア側は「国民の知る権利が侵される」と猛反発している。 「我

1368日前に配信

1375日前に配信

1375日前に配信

1375日前に配信

  • 米国 マクマスター補佐官、外交・安保立て直し 共和は評価

     【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領は20日、辞任したフリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の後任に米陸軍能力統合センター長のハーバート・マクマスター陸軍中将(54)を起用すると発表した。政権発足から1カ月未満で外交・安保政策の司令塔役である補佐官が辞任し、ホワイトハウス内の不協和音も報

1375日前に配信

  • トランプ米大統領 「偽情報」波紋 スウェーデン元首相が非難

     【ワシントン三木幸治】トランプ米大統領が18日に行った演説で、スウェーデンで前日夜にテロが起こったかのような発言をし、在米スウェーデン大使館が説明を求めるなど物議を醸している。波紋の大きさにトランプ氏は自らのツイッターで「FOXニュースの番組を引き合いに出した」と釈明したが、日ごろ、メディアを「フ

1375日前に配信

  • 米国 安保補佐官、後任に陸軍中将 マクマスター氏

     【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領は20日、辞任したフリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の後任に、陸軍能力統合センター長のハーバート・マクマスター陸軍中将(54)を起用すると発表した。補佐官はホワイトハウスで外交・安全保障政策の司令塔役となる閣僚級ポスト。トランプ氏は、今月13日から

1377日前に配信

トランプ米大統領による「(17日夜に)米FOXニュースでスウェーデンの移民(問題)を懸念する番組を放映したことに関連している」というツイート(上)

1377日前に配信

  • トランプ氏
    偽ニュース発信? 「スウェーデンでテロ」

     【ワシントン三木幸治】トランプ米大統領が18日、フロリダ州で演説し、スウェーデンで17日夜にテロが起こったかのように話し、テロの恐怖を訴えた。しかし、実際にはテロは起きておらず、スウェーデン外務省がホワイトハウスに説明を求める事態に発展した。メディアが「フェイク(偽)ニュース」を流していると批判す

1377日前に配信

  • トランプ大統領 求心力回復を狙う 就任1カ月

     【ワシントン大前仁、三木幸治】トランプ米大統領は20日、就任から1カ月を迎える。それに先立つ18日、南部フロリダ州で開いた政治集会で演説し、「米国を再び偉大な国にするための、とてつもない進展を報告する」と述べ、雇用創出などで成果を上げていると自賛した。今週にも、イスラム圏7カ国からの入国を一時禁止

1377日前に配信

  • 揺れる世界
    就任1カ月 トランプ砲、逆風

     トランプ米大統領は先月20日の就任直後から「ロケットスタート」を狙い、公約実現に向けた大統領令を連発した。だが、この1カ月間で看板政策や人事で行き詰まりもみせ、支持率は近年の米大統領として歴史的な低さだ。逆風をはね返そうと、経済政策での成果を狙うが、先行きは見通せない。【ワシントン会川晴之、清水憲

1377日前に配信

1377日前に配信

  • 質問なるほドリ 安保担当補佐官の役割は?=回答・高本耕太

     ◇外交・防衛政策助言 議会承認は不要 なるほドリ 発足(ほっそく)1カ月のトランプ米政権だけど、人事が混乱しているね。 記者 象徴(しょうちょう)的なのは、ロシア政府との接触疑惑(せっしょくぎわく)で安全保障問題担当大統領補佐官(あんぜんほしょうもんだいたんとうだいとうりょうほさかん)のマイケル・

1378日前に配信

1378日前に配信

  • トランプ米大統領
    政権1カ月 識者の話

     ◇支持引き留めカギ 岡山裕氏・慶応大教授(米国政治) トランプ政権発足以降の評価は、早いスピードで政策を次々と打ち出したものの、手法が非常に危なっかしく拙速だというものだ。歴代大統領で就任当初に大方針を象徴的に打ち出したり、前政権の大統領令を覆したりしたケースはあるが、中東・アフリカ7カ国からの入

1378日前に配信

  • トランプ米大統領
    「米国の787」絶賛 海外部品7割ですが…

     【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は17日、米南部サウスカロライナ州ノースチャールストンにあるボーイングの旅客機工場を視察した。日本でも就航する中型旅客機ボーイング787ドリームライナーを前に「米国人労働者が、米国の工場で、米国製の製品を造ることを望んでいる」と訴え、787旅客機を「夢を実現し

1378日前に配信

  • 揺れる世界 「輸入依存減らす」 トランプ氏、国内生産に重点

     【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は17日の演説で「我々の国家としての目標は輸入への依存を減らし、米国でもっと製品を作ることだ」と述べ、輸入削減を最重要課題に掲げる方針を表明した。通商政策の転換はトランプ政権の金看板だが、関係閣僚の就任は遅れており、政権発足から1カ月近くになっても本格始動には

1378日前に配信

  • 米大統領補佐官 打診のハーウォード氏が就任辞退

     【ワシントン大前仁】米CNNは16日、辞任したフリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の後任の打診を受けていたロバート・ハーウォード退役海軍中将(60)が、就任を辞退したと報じた。トランプ政権ではフリン氏の辞任に加え、アンディ・パズダー氏(66)が労働長官の指名を辞退するなど、政権発足1カ月を

1378日前に配信

  • トランプ大統領 会見で独演会 一貫性欠く持論まくし立て

     【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領は16日、ホワイトハウスで急きょ記者会見を開いた。トランプ氏は就任後約4週間で「信じられない」ほどの仕事をしたと成果を誇る一方、メディアの多くが真実を伝えず「フェイク(偽)ニュース」を流していると繰り返し批判。記者の質問をたびたび遮りながら、約80分間にわた

1381日前に配信

  • 米大統領
    2国家共存に固執せず 中東和平で方針変更

     ◇トランプ米大統領、イスラエルのネタニヤフ首相と会談 【ワシントン大前仁、エルサレム大治朋子】トランプ米大統領は15日、ホワイトハウスで、イスラエルのネタニヤフ首相と会談した。会談に先立つ共同記者会見でトランプ氏は、イスラエルが占領・併合するヨルダン川西岸地区などで進めるユダヤ人入植地(住宅)建設

1381日前に配信

  • 米露軍参謀トップ 16日に会談へ トランプ政権発足後初

     ◇アゼルバイジャンの首都バクーで 【モスクワ杉尾直哉】ロシア国防省は15日、ゲラシモフ軍参謀総長と米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長が16日にアゼルバイジャンの首都バクーで会談すると発表した。タス通信などが伝えた。米露両軍トップが直接会談するのはトランプ米政権発足後初めてとなる。 トラ

1381日前に配信

  • トランプ氏 選対参謀、大統領選中に露側と接触 米紙報道

     【ワシントン大前仁】米トランプ政権は13日辞任したフリン大統領補佐官の問題について「法的な問題はなく、大統領の信頼を失ったため」(スパイサー報道官)として、早期の事態収拾を図っている。一方で米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は昨年の大統領選中、トランプ氏陣営関係者とロシア情報機関幹部の間で繰り返

1381日前に配信

  • 木語 トランプ氏の「聞く耳」=坂東賢治

     <moku-go> 中国では旧正月後初の満月となる旧暦1月15日を「元宵節(げんしょうせつ)」と呼び、南方では「湯円(とうえん)」、北方では「元宵」と呼ばれる団子を食べて祝う。灯籠(とうろう)を飾りつける地域も多い。 7世紀初頭、隋の煬帝はこの日に洛陽の門に数多くの灯籠を飾ったという。国威を示すた

1381日前に配信

  • 日米首脳 一般客撮影 報道官「機密保持、問題ない」 写真「事務的場面」

     【ワシントン西田進一郎】スパイサー米大統領報道官は14日の記者会見で、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けてトランプ氏の会員制リゾート施設で危機対応する日米両首脳の写真が一般客のフェイスブックに投稿された問題で、写真は事務的な相談をしている時のもので、機密保持の面で問題はないと説明した。施設には、盗聴や

1382日前に配信

  • 米国 補佐官、事実上の更迭…対露協議「大統領が懸念」

     【ワシントン西田進一郎】スパイサー米大統領報道官は14日の記者会見で、フリン大統領補佐官の辞任について「フリン氏がペンス副大統領らに誤解を与えたことに大統領は強い懸念を抱き、辞任を求めた」と事実上の更迭だったことを明らかにした。一方で、問題視された就任前の駐米ロシア大使との電話について「法的には問

1382日前に配信

1382日前に配信

  • 米政府倫理局 イバンカ製品奨励、大統領顧問は規律違反

     【ワシントン大前仁】米政府倫理局は13日、トランプ米大統領の長女イバンカさんの名前を冠したブランド品の購買を奨励したとして、コンウェー大統領顧問が公職者の倫理規定に抵触したとの見解を出した。トランプ政権ではロシア外交官と不適切な接触をしていたフリン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が辞任したばか

1382日前に配信

  • 米NBCテレビ 物まねトランプ人気 過去最高視聴者数

     【ロサンゼルス長野宏美】米NBCテレビで1975年から続く土曜夜のバラエティー番組「サタデー・ナイト・ライブ」が、トランプ大統領のパロディーで人気だ。あまりの酷似ぶりに中米ドミニカ共和国の新聞が10日、物まねする俳優の写真をトランプ氏と取り違えて紙面に掲載し、翌日謝罪したほどだ。番組の視聴率は好調

1382日前に配信

  • 米補佐官辞任 制裁解除、露と協議疑惑 フリン氏

     【ワシントン大前仁、三木幸治】米ホワイトハウスは13日、フリン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が辞任したと発表した。フリン氏はトランプ政権発足前、駐米ロシア大使と対露制裁解除について電話で協議し、その後、政権内で虚偽の説明をした疑惑が浮上。外交・安全保障政策の司令塔である大統領補佐官が政権発

1382日前に配信

  • 米補佐官辞任 トランプ政権打撃 対露戦略に影響 

     フリン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が辞任し、トランプ大統領が就任1カ月を前に試練を迎えている。今月9日には、イスラム圏7カ国からの入国を一時禁止する大統領令に「ノー」の司法判断を突き付けられたばかり。ロシアとの関係改善というトランプ氏が目指す政策への影響も否定できず、失速気味のトランプ政

1382日前に配信

  • 日米首脳 機密大丈夫? 北ミサイルをリゾート施設で協議

     【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領が11日に南部フロリダ州の会員制リゾート施設で安倍晋三首相をもてなしていた際、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した。その際、対応を協議する様子を一般客が撮影した写真がソーシャルメディアに投稿された。トランプ氏はこのリゾートを「冬のホワイトハウス」と呼んでいるが、ミ

1382日前に配信

  • フリン米大統領補佐官
    辞任 ロシア対応疑惑、政権に打撃

     【ワシントン大前仁】米ホワイトハウスは13日、フリン米大統領補佐官(安全保障問題担当)が辞任したと発表した。フリン氏は昨年末、駐米ロシア大使と電話で協議し、対露制裁解除について話していた疑いが持たれていた。対露関係の改善を目指していたトランプ政権にとって大きな打撃になるとみられる。 米CNNテレビ

1384日前に配信

  • 日米首脳会談
    蜜月どう見る? 箸休め、ビジネス、親密

     トランプ米大統領と安倍晋三首相は、大統領専用機に一緒に搭乗し、フロリダ州にある大統領の別荘でゴルフを楽しんだ。貿易政策や安全保障面で強硬姿勢を示していた大統領の一転した厚遇ぶりが注目された今回の首脳会談。日ごろから政治に関心を寄せている著名人や識者の間には「大統領の箸休め」「ビジネスマンの観光PR

1384日前に配信

  • 日米首脳
    ゴルフコースはしご 27ホール

     【パームビーチ(米南部フロリダ州)影山哲也】安倍晋三首相は11日(日本時間12日)、米フロリダ州でトランプ米大統領とゴルフを楽しんだ。 両首脳は「トランプ・ナショナル・ゴルフクラブ・ジュピター」でメジャー通算4勝のプロゴルファー、アーニー・エルスさんらと18ホールを回った後、「トランプ・インターナ

1384日前に配信

  • 北朝鮮ミサイル トランプ政権揺さぶりか 早期交渉狙う

     【北京・西岡省二】北朝鮮が日米首脳会談に照準を合わせて弾道ミサイルを発射したのは、新たな日米関係のスタート時点で自国の核・ミサイルの脅威を植えつけることで、トランプ政権を揺さぶる狙いがあるとみられる。米国はオバマ前政権が北朝鮮との対話を拒んできた経緯があり、北朝鮮としてはトランプ政権が自国にどう向

1385日前に配信

  • 日米首脳 北朝鮮を非難 大統領「日本を100%支持」

     【パームビーチ(米南部フロリダ州)会川晴之、影山哲也】訪米中の安倍晋三首相とトランプ米大統領は11日夜(日本時間12日昼)、米南部フロリダ州のパームビーチで共同会見し、北朝鮮が12日朝に弾道ミサイルを発射したことを強く非難した。 安倍首相は「北朝鮮のミサイル発射は断じて容認できない。北朝鮮は国連決

1385日前に配信

  • 北朝鮮ミサイル
    政府「米韓と連携し対応」 NSC開催

     菅義偉官房長官は12日午前、記者会見を行い、「午前7時55分ごろ、北朝鮮西岸より弾道ミサイルが発射され、日本海に落下したとみられる」と発表した。落下地点は日本の排他的経済水域(EEZ)内ではないという。菅氏は「日米首脳会談が行われた直後に発射し、我が国や地域に対する明らかな挑発行為だ」と非難。北京

1385日前に配信

  • 日米共同記者会見 強硬姿勢を封印 巧妙「トランプ流」

     安倍晋三首相との共同記者会見で、トランプ米大統領が選挙戦で示したような対日強硬姿勢は鳴りを潜めた。そこには、譲歩したようにみえて、実利を得ようとする巧妙な「トランプ流」が垣間見えた。 「米国民は日本とその伝統に対し、深い尊敬の念を抱いている」。トランプ氏の安倍首相への配慮は、用意した紙を読み上げた

1384日前に配信

  • 日米首脳会談 各国、思惑うごめく 親密ぶり、関心と警告

     トランプ米大統領は10日の日米首脳会談で、日米同盟の重要性を再確認した。「米国第一主義」を掲げるトランプ氏は、同盟関係を軽視するような発言を繰り返したり、通商・貿易問題で強硬姿勢を見せたりしてきた。それぞれの思惑を抱える各国・地域は、トランプ氏がどのような姿勢で会談に臨んだのかに注目した。 ◇中国

1384日前に配信

過去の日米協議の主要テーマと結果

1385日前に配信

  • 日米首脳会談
    対日圧力、再来の恐れも 経済対話設置

     日米首脳会談では、日米間の経済問題を包括的に話し合う2国間の経済対話設置が決まった。日米間に貿易摩擦が起きた過去には、米国の圧力を受ける形で協議の場が設定されてきたが、今回は日本側から提案。ただ、これまで「対日圧力」の場となってきただけに、日本側の思惑通りに進むかは見通せない。 「いろいろな可能性

1385日前に配信

  • 日米首脳会談
    「友好ムード」前面に…共同記者会見

     共同記者会見で、安倍首相とトランプ米大統領は友好ムードを前面に出した。首相は「米国こそ民主主義のチャンピオン。大統領は公職経験がなくても厳しい選挙戦を勝ち抜いた。まさに民主主義のダイナミズムだ」とトランプ氏の選挙戦術を好意的に評価。一方で米国への入国制限については「難民、移民政策は内政問題でコメン

1385日前に配信

  • 米国 不法移民、大統領令後初の送還 メキシコ人女性

     【ロサンゼルス長野宏美】米メディアによると、約20年前にメキシコから米国に不法入国した西部アリゾナ州の女性が本国に強制送還された。不法移民の取り締まりを強化する大統領令(1月25日署名)の影響で送還された初のケースとみられる。 メキシコ外務省は10日、「在米メキシコ人が直面する厳格化された移民対策

1386日前に配信

  • 米入国禁止差し止め
    新たな大統領令検討 トランプ氏言及

     【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領は10日、連邦控訴裁判所が中東・アフリカ7カ国からの入国を制限する大統領令の即時停止を命じた連邦地方裁判所の仮処分を支持する決定を出した件に関し、「新たな大統領令を出すことを含め、他の選択肢もたくさんある」と話し、これまでの司法判断を踏まえた新たな大統領令を

1386日前に配信

  • 日米首脳 ゴルフ外交で親睦 首相「じっくり話したい」

     【パームビーチ(米フロリダ州)影山哲也】米フロリダ州に滞在中の安倍晋三首相は11日午前(日本時間12日未明)、トランプ大統領の別荘から同氏所有のゴルフクラブに向かい、トランプ氏とゴルフをプレーして親睦を深めた。政府関係者によると、日米の通訳を入れたごく少人数で回る。胸襟を開いて信頼関係を深める「ゴ

1386日前に配信

  • 日米首脳 夫人ら、博物館の日本庭園散策

     【パームビーチ(米南部フロリダ州)会川晴之】訪米中の安倍昭恵首相夫人とメラニア・トランプ大統領夫人は11日午前、米南部フロリダ州のパームビーチにあるモリカミ博物館を訪ね、日本庭園を2人で散策した。メラニア夫人にとっては、ファーストレディーとしての外交デビューとなる。 モリカミ博物館は、20世紀初頭

1386日前に配信

  • 日米首脳会談 経済対話を新設 トランプ氏、通商要求せず

     【ワシントン影山哲也、西田進一郎】安倍晋三首相は10日午後(日本時間11日未明)、ホワイトハウスでトランプ米大統領とワーキングランチも含め計1時間40分会談した。日米の経済関係強化に向け、分野横断的な対話の枠組み「日米経済対話」を麻生太郎副総理兼財務相とペンス副大統領の下に設けることで合意。日米同

1386日前に配信

  • 日米首脳 円卓で親密さアピール フロリダ別荘の夕食会

     【パームビーチ(米南部フロリダ州)会川晴之】トランプ米大統領夫妻と安倍晋三首相夫妻は10日夕(日本時間11日朝)、ワシントンから大統領専用機(エアフォースワン)で米南部フロリダ州に移動し、パームビーチのトランプ氏の別荘で夕食会に臨んだ。トランプ氏が外国首脳と夕食をともにするのは大統領就任以降初めて

1386日前に配信

  • トランプ氏 米中対話を自賛「とても温かく、よい会話」

     【ワシントン大前仁】トランプ米大統領は10日、安倍晋三首相との共同記者会見で、9日の習近平・中国国家主席との電話協議に触れ、「とても温かく、よい会話だった。互いによく知り合っていく過程にあると思う」と述べた。同時に「これは日本にとっても大きな恩恵になると思う」と語り、日本の懸念も解消しようと努めた

1386日前に配信

  • トランプ大統領
    新たな大統領令を検討 控訴裁決定で

     【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領は10日、連邦控訴裁判所が中東・アフリカ7カ国からの入国を制限する大統領令の即時停止を命じた連邦地方裁判所の仮処分を支持する決定を出した件に関し、「新たな大統領令を出すことを含め、他の選択肢もたくさんある」と話し、これまでの司法判断を踏まえた新たな大統領令を

1386日前に配信

1386日前に配信

  • 日米首脳会談 「同盟と経済関係を強化」 共同声明を発表

     【ワシントン影山哲也】安倍晋三首相は10日午後(日本時間11日未明)、トランプ米大統領とワシントンのホワイトハウスで会談した。首相は、両国の経済関係を一層深化させるため、麻生太郎副総理兼財務相とペンス副大統領のもとで分野横断的に協議することを提案し、トランプ氏も同意した。両首脳は、沖縄県・尖閣諸島

1386日前に配信

  • 日米首脳会談 ホワイトハウスで始まる 同盟不可欠を確認

     【ワシントン影山哲也】安倍晋三首相とトランプ米大統領の会談が10日午後(日本時間11日未明)ワシントンのホワイトハウスで始まった。両首脳は会談で、日米同盟がアジア太平洋地域の平和と安定に不可欠という認識を共有。沖縄県・尖閣諸島が日米安全保障条約第5条の適用対象だと確認する見通しだ。トランプ氏が不公

1386日前に配信

1387日前に配信

  • 入国禁止停止支持
    トランプ氏に司法の壁「正当化できぬ」

     メキシコ国境での壁建設など、選挙戦の公約を実現に移す大統領令に次々と署名し、「米国第一主義」で突っ走ってきたトランプ米大統領。その前に「司法の壁」が立ちふさがった。中東・アフリカのイスラム圏7カ国からの入国を一時禁止する大統領令について、西部カリフォルニア州サンフランシスコの連邦控訴裁は9日、連邦

1387日前に配信

  • 日米首脳会談 日本、通商手探り 避けたい2国間交渉

     日米首脳会談は、トランプ米大統領が問題視する対日貿易赤字など経済分野が焦点だ。安倍晋三首相は日本企業の米国経済への貢献を説明し、対日批判をかわすことを狙う。だが、過激な発言を繰り返すトランプ氏の出方は読めず、日本政府内では手探りが続いた。 「トランプ大統領がどう出てくるか、全く読めない」。会談前、

1387日前に配信

  • 日米首脳会談
    繰り返すか通商摩擦 米高官「自動車議題」

     米政府高官が10日の日米首脳会談を前に、「自動車」が主要議題になるとの見方を示した。対米貿易黒字や円相場が再び、日米間の火種となるのか。日本政府は、トランプ米大統領の対日批判が誤った認識に基づいている可能性があると見て、ひとまず現状認識をすりあわせた上で、通商・通貨政策での協調を模索する考えだ。【

1387日前に配信

  • 米国
    最高裁でも入国禁止差し止め維持 米メディアが観測

     ◇訴訟連敗、トランプ政権に政治的ダメージ 【ロサンゼルス長野宏美】中東・アフリカのイスラム圏7カ国からの入国を一時禁止する大統領令を巡り、米西部カリフォルニア州サンフランシスコの連邦控訴裁判所は9日、即時停止を命じたワシントン州の連邦地裁の仮処分を支持する決定を出した。トランプ米政権は地裁決定に続

1387日前に配信

  • トランプ大統領 メキシコの壁建設に2.4兆円 当局積算

     【ワシントン会川晴之】ロイター通信は9日、トランプ米大統領が建設を表明したメキシコ国境の壁の建設費用が約216億ドル(約2兆4000億円)に達すると伝えた。国土安全保障省が見積もった数字で、建設期間は3年以上に及ぶという。トランプ氏は選挙期間中、建設費を大幅に少ない約120億ドルと見積もっていた。

1387日前に配信

  • トランプ政権 未就任閣僚多く 首脳会談も成り行き任せ?

     ◇米上院の承認済みは、指名21人中9人 【ワシントン清水憲司】日米首脳会談は、米国での議会承認の遅れから、主要経済閣僚がそろわない異例の状態での開催となる。通常は担当者間で協議内容を事前調整し、ある程度結論を見いだして臨むが、今回は“ぶっつけ本番”の様相を呈している。 トランプ大統領は閣僚級ポスト

1387日前に配信

  • 日米首脳会談 成果文書に「尖閣防衛」安保適用明記で調整

     【ワシントン影山哲也】安倍晋三首相は9日夕(日本時間10日午前)、政府専用機で米ワシントン近郊のアンドルーズ空軍基地に到着した。10日午後(同11日未明)のトランプ米大統領との初の首脳会談では、成果文書を発表することを調整中で、沖縄県・尖閣諸島について、米国による対日防衛義務を定めた日米安全保障条

1388日前に配信

1387日前に配信

  • トランプ米大統領 経済政策、レーガン流 為替は一線画す

     10日の日米首脳会談では、日本の対米自動車輸出などを問題視するトランプ大統領が通商問題にどのような態度で臨むのかが注目される。トランプ氏は、1980年代の日米通商摩擦の際に厳しい対日要求を突き付けたレーガン政権を見習う姿勢を示しており、会談で強硬姿勢に出ることも予想される。 元映画俳優のレーガン氏

トランプ米大統領との初の首脳会談を行うため、ワシントンに向けて出発する前に記者の質問に答える安倍晋三首相(中央右)と岸田文雄外務相(同左)=東京・羽田空港で2017年2月9日午後6時53分、宮武祐希撮影

1387日前に配信

  • トランプ大統領 「一つの中国尊重」…習氏と電話協議

     【ワシントン大前仁、北京・石原聖】トランプ米大統領は米東部時間の9日、中国の習近平国家主席と電話協議し、米国の歴代政権が踏襲してきた「一つの中国」政策を維持する考えを表明した。トランプ政権が1月20日に発足して以降、両首脳が電話協議するのは初めて。トランプ氏は就任前の昨年12月に、前例を破って台湾

1387日前に配信

  • トランプ大統領
    高速鉄道建設に意欲…日本勢受注に追い風

     【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は9日、米航空大手の経営トップとの会合で「昨日ある人が言っていたが、中国や日本に行くと高速鉄道がある。みなさんのビジネスと競争させたいわけではないが、米国にはひとつもない」と述べ、建設に意欲を示した。日本勢は米国内で複数の高速鉄道計画を進めており、トランプ政権

1387日前に配信

  • トランプ米大統領 米高官「イバンカさんの商品買って」

     ◇異例の「宣伝」に批判噴出 【ワシントン大前仁】トランプ米大統領の長女、イバンカさんの名前を冠したブランド品が百貨店での販売中止が決まった問題で、コンウェー大統領顧問は9日のテレビ番組で「(米国民は)イバンカの製品を買いに行って!」と発言し、政権とビジネスを巡る問題が再燃した。 AP通信によると、

1387日前に配信

  • 日米会談 別荘滞在費、トランプ氏負担…首相への贈り物

     【ワシントン西田進一郎】スパイサー米大統領報道官は9日の記者会見で、トランプ大統領が別荘としている自身所有の会員制リゾートで安倍晋三首相をもてなすことに関し、「首相への贈り物」として滞在費用などを日本側から受け取らないことを明らかにした。 トランプ氏は10日に首相と会談した後、南部フロリダ州にある

1387日前に配信

  • 米国 入国禁止差し止め維持…控訴裁「テロ証明なし」

     【ロサンゼルス長野宏美】米西部カリフォルニア州サンフランシスコの連邦控訴裁判所は9日午後(日本時間10日午前)、中東・アフリカ7カ国からの入国を一時禁止する大統領令について、即時停止を命じた連邦地裁の仮処分を支持する判断を示した。判断は3人の判事の全員一致でトランプ政権側の完敗と言える。これを受け

1388日前に配信

  • クローズアップ2017
    日米首脳10日会談(その1) 「トランプ流」警戒

     安倍晋三首相とトランプ米大統領による初の首脳会談が10日に迫った。「米国内の雇用を守る」を旗印に環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の「永久離脱」を早々に宣言、2国間の通商交渉を迫るトランプ氏に日本側は身構える。「米国への貢献」で理解を求める方針だが、従来の大統領とは違う「トランプ流」の出方を読

1388日前に配信

  • クローズアップ2017 日米首脳10日会談(その2止) 「米への貢献」強調

     ◆安全保障 ◇同盟、認識共有目指す トランプ米大統領は選挙期間中、経済問題だけでなく安全保障分野でも日本を名指しで批判していた。安倍晋三首相は10日の首脳会談で、日米同盟に関する基本的認識を共有することを目指す。今月3日に来日したマティス国防長官との間で、沖縄県・尖閣諸島が米国の対日防衛義務を定め

1388日前に配信

1388日前に配信

  • トランプ大統領 習近平国家主席に親書「協力を楽しみに」

     【ワシントン大前仁】米ホワイトハウスは8日、トランプ大統領が就任時に受けた祝電への返礼として、中国の習近平国家主席へ親書を送ったことを明らかにした。その中で「米国と中国の双方に恩恵を与える建設的関係を発展させていくために、習主席との協力を楽しみにしている」と明記しているという。 トランプ氏は1月2

1388日前に配信

  • 米インテル トランプ氏脇で「新工場に投資、雇用創出も」

     ◇CEO面会、7800億円投資と3000人雇用創出見込む 【ワシントン清水憲司】米半導体大手インテルのブライアン・クルザニッチ最高経営責任者(CEO)は8日、ホワイトハウスでトランプ大統領と面会し、西部アリゾナ州に建設中の新工場に70億ドル(約7800億円)を投資すると発表した。ピーク時に約300

1388日前に配信

  • 日米首脳会談 米に閣僚級協議提案へ 通商や経済で枠組み

     【ワシントン秋本裕子】安倍晋三首相は10日のドナルド・トランプ米大統領との首脳会談で、通商政策や経済協力に関する協議を行うよう提案する見通しだ。麻生太郎副総理とマイク・ペンス副大統領を議長とする閣僚級協議の枠組みを想定している。 首相は、米国の雇用創出や投資拡大に貢献し、日本企業の受注など収益改善

1388日前に配信

  • トランプ米大統領 「非常に政治的」司法批判強める

     【ワシントン三木幸治】中東・アフリカ7カ国からの入国などを一時禁止する米大統領令を巡る7日のサンフランシスコ連邦控訴裁判所の口頭弁論について、トランプ米大統領は8日、「信じられない内容で、(裁判所は)非常に政治的にみえる。彼らが正しい判断をしてこそ、司法システムは偉大なものになる」と強調した。司法

1388日前に配信

  • トランプ大統領 「私の娘は非常に不公平な扱い受けた」

     ◇「イバンカ・ブランド」販売中止決定に抗議 【ワシントン大前仁】「娘のイバンカが(大手百貨店)ノードストロムに非常に不公平な扱いを受けた」。トランプ米大統領は8日、ツイッターへの投稿で、ノードストロムが長女イバンカさんの名前を冠した衣料・服飾ブランドの取り扱い中止を決めたことへの怒りを書き込んだ。

1388日前に配信

  • 安倍首相
    対トランプ氏、信頼重視…別荘2泊、ゴルフ

     ◇10日首脳会談 安倍晋三首相は9日夜、トランプ米大統領との初の首脳会談を行うため、ワシントンに向けて出発する。両首脳は10日昼(日本時間11日未明)、ホワイトハウスで会談した後、南部フロリダ州にあるトランプ氏の別荘に移動する。丸2日近くを共に過ごす異例の厚遇を受けることになり、日本側は首脳間の信

1388日前に配信

1387日前に配信

  • 日米首脳 「ゴルフ外交」信頼関係築くか、みっともないか

     菅義偉官房長官は7日の記者会見で、安倍晋三首相の訪米時に計画されるトランプ大統領とのゴルフについて「個人的信頼関係を構築することは極めて重要だ」と述べ、「ゴルフ外交」の正当性を強調した。 トランプ氏は5日のラジオ番組で「一緒に昼食を取るよりゴルフコースを回った方が相手が分かる」と発言。「日本の首相

1390日前に配信

  • 日米外相電話協議 日米同盟強化の方針で一致

     岸田文雄外相は7日、米国のティラーソン国務長官と初めて電話で協議し、日米同盟を強化する方針で一致した。ティラーソン氏は沖縄県・尖閣諸島について、対日防衛義務を定めた日米安全保障条約の適用範囲との考えを表明。政府はこれも踏まえ、安倍晋三首相に岸田氏ら3閣僚が同行する10日のトランプ大統領との会談で、

1387日前に配信

  • EU首脳会議 米トランプ政権への「懸念」共有

     【バレッタ八田浩輔】欧州連合(EU)が3日にマルタの首都バレッタで開いた非公式の首脳会議は、国内外で摩擦を引き起こしている米国のトランプ政権が影を落とした。議長国マルタのムスカット首相によると、加盟国はトランプ政権への「懸念」を共有。英離脱問題に揺れるEU側では、トランプ政権がさらなる分断を招くの

1387日前に配信

  • トランプ政権2週間
    対立生む外交 「米国第一」次々実践

     【ワシントン大前仁、三木幸治】トランプ米政権が発足してから3日で2週間。昨年の大統領選でスローガンとした「米国第一主義」を対外関係で実践し始めたことから、友好国との関係が揺らぐ一方、ロシアとの関係改善に意欲を示すなど、オバマ前政権の外交から離別したい構えだ。だが、現時点では独自の政策立案まで手は回

1387日前に配信

  • 米国
    シュワちゃん「仕事交換しよう」…トランプ氏に反撃

     【ロサンゼルス長野宏美】トランプ米大統領と映画俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー前カリフォルニア州知事が舌戦を再開した。トランプ氏は2日、首都ワシントンの宗教指導者らとの朝食会で、自身が司会し人気だった米リアリティー番組「セレブリティ・アプレンティス」のホスト役をシュワルツェネッガー氏が引き継

1387日前に配信

  • 米豪電話協議
    トランプ氏「あまりに最悪」途中で打ち切り

     【ジャカルタ平野光芳】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は1日、トランプ米大統領が先月28日にオーストラリアのターンブル首相と電話で協議した際、豪州から米国への難民移送を求めたターンブル氏に立腹し、「あまりに最悪の電話だ」などと述べて途中で協議を打ち切っていたと報じた。長年の同盟国であっても、内容次

1387日前に配信

  • アップル 入国禁止令反対 CEO、撤廃へ法的措置検討

     【ワシントン清水憲司】米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが1月31日付で掲載したインタビューで、トランプ米大統領が署名した中東・アフリカの7カ国からの入国を一時禁止する大統領令の撤廃を求め、法的措置を検討していることを明らかにした。 クック氏

1387日前に配信

  • トランプ大統領 最高裁判事指名は保守派 承認で5人目に

     ◇ゴーサッチ氏、焦点の上院承認 定数9人にリベラル派は4人 【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領は1月31日、空席となっている連邦最高裁判事に、連邦巡回控訴裁(高裁)判事で保守派のニール・ゴーサッチ氏(49)を指名したと発表した。上院の承認を得て就任すれば、最高裁判事の勢力図のバランスが保守派

1387日前に配信

  • トランプ大統領 民主党上院トップを「うそ泣きだ」

     【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領は30日、中東・アフリカのイスラム圏7カ国からの入国を一時禁止する大統領令を巡り、前日の記者会見で涙を流しながら抗議した民主党上院トップのシューマー院内総務を「うそ泣き(フェイクティアーズ)だ」とからかった。自身に批判的な報道を「フェイク(偽)ニュース」と反

1387日前に配信

  • 米フォード 「我々は支持しない」入国禁止の米大統領令に

     【ワシントン清水憲司】米自動車大手フォード・モーターは30日、中東・アフリカの7カ国からの入国一時禁止などを定めたトランプ米大統領の大統領令を巡り、「我々はこの政策を支持しない」とのメッセージを従業員に送ったことを明らかにした。フォードはトランプ氏と親しい関係を築いているが、米IT企業に続き、この

1387日前に配信

  • トランプ大統領
    大統領令で米大混乱、280人入国拒否

     ◇NY連邦地裁は有効なビザ持つ人の送還は認めず 【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領が出した難民や中東・アフリカの一部諸国からの入国を一時停止する大統領令が大混乱を生み、国土安全保障省などによると、国内外の空港などで米入国が認められず拘束・搭乗拒否された人が29日までの3日間に約280人に達し

1387日前に配信

  • トランプ大統領 トップ外交を本格化 政策の重点も浮かぶ

     ◇安倍首相や独露仏豪の5カ国首脳と就任後、初の電話協議 【ワシントン会川晴之、モスクワ杉尾直哉、パリ賀有勇、ベルリン中西啓介、ジャカルタ平野光芳】トランプ米大統領は28日、前日のメイ英首相との会談に続き、日本の安倍晋三首相や独露仏豪の5カ国首脳と大統領就任後、初めて電話で協議し、主要国とのトップ外

1387日前に配信

  • 米国
    入国制限を開始 拘束や搭乗拒否、大統領令署名で

     【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領は27日、シリア難民については無期限で、他国からの難民も120日間にわたり受け入れ停止を命じる大統領令に署名した。中東や北アフリカの7カ国の国民については、米国への入国を90日間停止する措置を講じており、入管当局が該当者の拘束などの措置を取り始めた模様だ。野

1387日前に配信

  • トランプ大統領 水責め、復活を断念…国防長官の発言尊重

     【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は27日、テロリストなどの尋問手段に「水責め」などの拷問を復活させる考えを断念することを明らかにした。マティス国防長官が反対していることを挙げ「彼の発言を覆すことはできない。私は彼に従う」と、米英首脳会談後の記者会見で述べた。 マティス氏は11日の上院指名公聴

1387日前に配信

  • 米国
    難民受け入れ停止…大統領令に署名

     ◇シリアからは無期限 【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領は27日、テロ対策強化の一環としてイスラム過激派の入国を防ぐため、より厳格な入国審査を実施するよう命じる大統領令に署名した。シリアからの難民受け入れについて期限を明記せずに停止し、他国からの難民も受け入れを120日間停止する。 トランプ

1387日前に配信

  • 米英首脳会談 「特別な関係」確認…対テロ協力

     【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は27日、ホワイトハウスでメイ英首相と初会談した。トランプ氏が大統領就任後、国外の首脳と会談するのは初めて。トランプ氏は「英国との深いつながりを新たにする日だ」と語り、メイ氏は「(就任直後の)招待は、特別な両国関係の証拠だ」と述べた。トランプ氏がエリザベス女王

1387日前に配信

  • トランプ政権1週間 中国は出方見極める慎重な構え

     ◇対米関係を最重視、過剰反応は避ける 【北京・赤間清広、河津啓介】発足から1週間を迎えたトランプ米政権に対し、対米関係を最重視する中国政府は、南シナ海問題や貿易問題を巡る批判に反論はしつつも、過剰反応は避けて出方を見極める慎重な構えを崩していない。その一方で、トランプ大統領の「自国中心主義」を好機

1387日前に配信

  • トランプ大統領 ツイッター戦略 発信は個人アカウント 

     ◇「不正直なメディアを避ける手段だ」と続行宣言 【ロサンゼルス長野宏美】トランプ米大統領は20日の就任後も「メディアと戦争している」と公言し、ツイッターを使った国民への情報の直接発信を重視している。「米大統領」アカウントもオバマ前大統領から引き継いだが、発信の中心はこれまでの個人アカウントによるも

1387日前に配信

  • トランプ大統領 「特別機だ」エアフォースワン初搭乗 

     【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領は26日、大統領専用機「エアフォースワン」に初めて搭乗した。大統領選では自身所有の「トランプ・ジェット」で全米を飛び回ったが、「あれも良い飛行機だが、これは多くの理由でとても特別な飛行機だ」などと感想を記者団に語った。 初搭乗は、東部ペンシルベニア州で開かれ

1387日前に配信

  • NY株 トランプ氏「すごい!」 初の2万ドル突破報道に

     【ワシントン清水憲司】トランプ大統領就任から4営業日目の25日。ニューヨーク株式市場で、ダウ工業株30種平均が史上初めて2万ドルの大台を突破した。株式市場では、トランプ政権が掲げる大型減税と規制緩和への期待が膨らんでいる。ただ、期待先行の側面は否めず、今後の政策運営次第では株高にブレーキがかかる恐

1387日前に配信

  • 米国 「1984」がベストセラーに 全体主義国家を風刺

     【ロサンゼルス長野宏美】トランプ大統領が就任した米国で、近未来の全体主義国家を風刺した英国人作家、ジョージ・オーウェルの小説「1984」が突然、ベストセラーに浮上した。ツイッターなどで現政権と小説の類似性が話題になり、24日夜に通販大手アマゾンのベストセラーリストで1位になった。 急上昇のきっかけ

1387日前に配信

  • ローマ法王 欧米のポピュリズム台頭に警鐘

     【ローマ福島良典】フランシスコ・ローマ法王はトランプ米新大統領就任に関連し、欧米社会におけるポピュリズム(大衆迎合主義)の台頭について「危機の際には私たちの思慮が機能しない」と警鐘を鳴らした。22日付スペイン紙エルパイスのインタビューで語った。 法王は、第二次世界大戦前のドイツにおけるヒトラーの権

1387日前に配信

  • トランプ大統領 女性抗議、ピンクの波…「20万人」行進

     【ワシントン長野宏美、國枝すみれ】トランプ米大統領の就任から一夜明けた21日、首都ワシントンでは女性やイスラム教徒などへの発言が差別的と批判されるトランプ氏に対し人権尊重の重要性を訴えるデモ「女性の行進」が行われ、イメージカラーのピンク色を身に着けた参加者らが集まった。 主催者などによると、ワシン

1387日前に配信

  • トランプ大統領 理念なき実利追求を宣言…就任演説

     ◇「私たちは自国を犠牲に外国を潤わせた」 【ワシントン会川晴之】米共和党のドナルド・トランプ新大統領は20日の就任演説で、持論の「米国第一主義」を政権運営の核心に据えると強調した。超大国として崇高な理念や理想を語った歴代大統領とは違い、一切の修辞を捨て、利己的な実利だけを追求する考えを示した。米国

1387日前に配信

  • トランプ大統領 「マイ・ウェイ」で夫人と踊りにっこり

     【ワシントン長野宏美】大統領になっても我が道を行く--。トランプ米新大統領は20日夜、就任を祝う恒例の舞踏会で、フランク・シナトラのヒット曲「マイ・ウェイ」に乗ってメラニア夫人とダンスした。 舞踏会はオバマ前大統領の1期目は10カ所で行われたが、トランプ氏は3カ所で開催。トランプ氏はメラニア夫人と

1387日前に配信

  • トランプ大統領 就任演説 権力をワシントンから米国民に

     【ワシントン西田進一郎、会川晴之、清水憲司】米共和党のドナルド・トランプ新大統領(70)は20日、連邦議会議事堂前で就任宣誓し、第45代大統領に就任した。就任演説では「米国第一主義」を強調し、国内雇用の維持・創出や不法移民対策を主張した。演説後、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)からの離脱方針

1387日前に配信

  • トランプ大統領 ホワイトハウスへパレード 観覧席に空席

     【ワシントン長野宏美、ニューヨーク田中義郎】トランプ米大統領夫妻が20日午後、連邦議会議事堂からホワイトハウスまでの約2.5キロを約1時間かけてパレードした。8年前のオバマ前大統領1期目は多くの国民が駆け付け熱気に包まれたが、今回は沿道の観覧席に空席が目立つなど、寂しいパレードとなった。 トランプ

1387日前に配信

  • 米大統領就任式 ファーストレディー装いはラルフローレン

     【ワシントン長野宏美】ファーストレディーになったメラニアさん(46)は元ファッションモデルで、服装にも注目が集まった。 就任式の装いに選んだのは、ラルフローレンの水色のカシミヤのドレスにタートルネック風のボレロ、同系色の手袋だった。 米メディアは、ファッションリーダーとして人気だったケネディ元大統

1387日前に配信

  • トランプ大統領 公約のオバマケア見直し 大統領令に署名

     米国のトランプ新大統領は就任初日の20日、オバマ前政権の看板政策で医療保険の加入者数を大幅に拡大した「医療保険制度改革(オバマケア)」について、見直しに向けた大統領令に署名した。 トランプ氏は大統領選の選挙期間中からオバマケアを批判し、「廃止して(別の制度に)置き換える」と公約していた。◇医療保険

1387日前に配信

  • トランプ新大統領 TPPから離脱を正式表明

     ◇NAFTAも再交渉の方針 【ワシントン清水憲司】トランプ米新大統領は20日、日米など12カ国による環太平洋パートナーシップ協定(TPP)からの離脱を正式発表した。 TPP発効には米国の批准が不可欠だが、新政権下での発効は見込めなくなった。 就任直後に発表した通商政策などの基本方針では、カナダとメ

1387日前に配信

  • 米大統領就任式 トランプ氏が宣誓、第45代大統領に就任

     米共和党のドナルド・トランプ新大統領(70)の就任式が20日(日本時間21日)、首都ワシントンの連邦議会議事堂前で始まった。マイク・ペンス新副大統領の就任宣誓に続き、トランプ氏が宣誓し、第45代大統領に就任した。 トランプ氏は「エスタブリッシュメントは国民を守ってこなかった。皆さんの勝利にならなか

歓迎コンサートの会場に到着したトランプ次期米大統領(左)とメラニア夫人=ワシントンで2017年1月19日、AP
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 収入減世帯の無利子融資 4割が延長 感染拡大で困窮、再延長求める声も

  5. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです