メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・関東学院大

関東大学ラグビーリーグ 4季ぶり1部復帰果たす

後半のリズムを作ったラインアウト

[PR]

相手タックルをかわす菅沼選手
試合を終え、喜びをかみしめる選手たち

 関東大学ラグビーリーグ入れ替え戦は12月13日、熊谷ラグビー場(埼玉県熊谷市)で行われ、関東学院大学(2部2位)が専修大学(1部7位)を22−7で降し、来シーズンからの1部復帰を果たした。

     関東学院大は前半、スクラムで劣勢な場面も見られ、3−7と4点を追いかける形でハーフタイムに突入。後半は、宮川智海選手(経済学部3年)のトライで逆転すると菅沼神兵選手(同学部4年)がコンバージョンゴールも決めて10−7。攻撃のいいリズムをつくれた関東学院大は、そのまま専修大を突き放し、歓喜のノーサイドを迎えた。

     大学日本一に6度輝いた実績を持つ関東学院大は2012〜13年シーズンの入れ替え戦で立正大学に敗れ、31季ぶりに降格。1部復帰は4季ぶりとなる。試合後の記者会見で、高城佑太主将(同学部4年)は「1年の時に降格を経験したので、自分たちの代で絶対復帰したいと思っていました。後半は応援に回りましたが、仲間を信じました。やってきたことを全部出し切るだけだと思って試合に臨み、復帰を勝ち取ることができました」と喜びを語った。

     就任2年目の板井良太監督は「最大の目標だった1部昇格を果たすことができ、幸せです。前半はスクラムが劣勢でしたが、後半は立ち上がりがよく、選手たちが立て直してくれました」と、涙ながらに振り返った。

    関東学院大

    公式HP:http://univ.kanto-gakuin.ac.jp/
    所在地:〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
    電 話:045-786-7049

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

    2. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

    3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

    4. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

    5. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです