メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・杏林大

1、2年生2400人対象に模擬投票 井の頭キャンパス

参院選を前に模擬投票を行う大学生

[PR]

 参院選で選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを受け、杏林大学に今春開設された井の頭キャンパス(東京都三鷹市下連雀5)で6月29日、1、2年生約2400人を対象に模擬投票が始まった。

 総合政策学部の木暮健太郎准教授(政治学)のゼミ生が主体となり準備を進め、架空の3政党の政策を掲示。学生は各党の主張を吟味し、図書館と食堂に設置された投票箱に1票を投じる。臨場感を持たせるため、投票用紙は三鷹市選挙管理委員会に提供を受けた。

 同ゼミの2年、清水亮太さん(20)は「選挙に興味を持ってもらうため、呼び掛けてきた。理想の投票率は70〜80%」。投票した1年の大和田英里さん(18)は選挙権年齢の引き下げについて「18歳も政治をしっかり考えようという国からのメッセージ。よく勉強して参院選の投票に行こうと思う」と話した。【福沢光一】

杏林大

公式HP:http://www.kyorin-u.ac.jp/
所在地:〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
電 話:0422-47-5511

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです