メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・杏林大

メタボと食生活テーマに市民向け講演会 三鷹キャンパスで23日

講演会「食事を見直し、いきいき生活」のポスター

[PR]

 メタボリックシンドロームと食生活に関する市民向け公開講演会「食事を見直し、いきいき生活」が7月23日、杏林大学三鷹キャンパス(東京都三鷹市新川)で行われる。

 日本人の主要な死因であるがん、心疾患、脳血管疾患はいずれも、生活習慣と関連が深い。講演では同大付属病院栄養部科長で管理栄養士の塚田芳枝氏が、生活習慣病予防につながる日々の食事の見直し方や改善方法などを提案する。

 午後1時半〜3時、大学院講堂で。定員240人、無料。参加希望者は直接会場へ。問い合わせは同大広報・企画調査室(0422・44・0611)。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「手に負えなくなる。緊急事態宣言出すべきだ」 大阪・吉村知事がツイッターで発信

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです