メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・追手門学院大

リオ五輪シンクロ銅の吉田胡桃選手 大会出場支えた母校恩師へ感謝の舞

銅メダルを獲得した日本。18日のチーム・テクニカルルーティンの演技

[PR]

 シンクロナイズドスイミングの日本チームは、追手門学院大(大阪府茨木市)出身の吉田胡桃(くるみ)(24)=井村シンクロクラブ=がリーダーとしてまとめてきた。中学以降はプールがない学校に在籍し、大学にはシンクロ部がなかった。高校と大学の時には大会出場のためにそれぞれ創部してもらえた。支えてくれた恩師らへの感謝を胸に演技し、銅メダルに輝いた。

     小学4年の時にシンクロを始め、聖母被昇天学院中学高校(同府箕面市)に進んだ。普段は井村クで練習したが、高校の所属で大会に出られるよう水泳部を作ってもらえた。高1の時に担任だった島上きくさん(68)=兵庫県宝塚市=は「練習はしんどかっただろうが、宿題は絶対やる真面目な生徒だった」と振り返る。

     進学先は、シドニー大会とアテネ大会双方の銀メダリスト、巽樹理さん(36)が職員をしていた追手門学院大を選んだ。2013年のユニバーシアード(ロシア)に出場するためには、大学の所属で国内大会に出る必要があった。巽さんはシンクロ部を作って自ら顧問に就き、背中に大学名が入ったジャージーも贈った。

     吉田はロンドン五輪(12年)にも出場しており、リオではチームを引っ張るべき立場に。悩みを打ち明けられた巽さんは「弱音を吐いている場合じゃないよ」と励ました。デュエットで日本ペアが銅メダルを獲得した時、LINE(ライン)で「よい風に乗って、チーム一丸となって頑張りや」とメッセージを送ったという。

     巽さんはリオでの演技を「脚技がシャープで同調性も高い。堂々としていた」とたたえた。【高瀬浩平、山下貴史】

    追手門学院大

    公式HP:http://www.otemon.ac.jp/
    所在地:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
    電 話:072-641-9590

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

    2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

    3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

    4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

    5. 首相、違法な桜名簿管理は「民主党政権を前例として漫然と引き継いだ」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです