メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・大阪教育大

識字・日本語教室で外国人の学習支援 市民ボランティア活躍

ボランティア(左)に教わり、日本語を学ぶ参加者たち=大阪市天王寺区で

 大阪教育大天王寺キャンパス(大阪市天王寺区)の教室で9月9日、十数人の外国人たちが日本語のテキストと向き合っていた。大阪教育大が今年度から開いている識字・日本語教室「しきじ・にほんご天王寺」だ。読み書きや日常会話を学びたい人に広く門戸を開いており、毎週金曜日、国際結婚や留学などで来日したさまざまな国籍の外国人たちが集まる。

     日本語を教えるのは、市民ボランティアたちだ。1〜2人の学習者に対して1人のボランティアが付き、学習をサポートする。

     仕事で約3カ月前に来日した韓国人の女性(63)はこの日、初めて教室に来た。会話での意思疎通はできるが、書くことが苦手だという。テキストの漢字にふりがなを付けながら、「この教室は若くて元気な人も多く、雰囲気がいい」と気に入った様子だった。

     日本語を教えるだけでなく、異文化を理解したり、仲間と触れ合える居場所づくりをしたりする狙いもある。ボランティアとして参加している東條芳江さん(67)は「日本語が不自由な相手の思いや要望をどうすればうまく引き出せるのかという点で、勉強になることが多い」と話す。

     大学が識字・日本語教室を学内に開設する例は全国でも少ないという。教室の世話役をしている大阪教育大の岡田耕治教授(61)は「教員を目指す学生たちもボランティアで参加するようになれば、多様な背景を持つ学習者がいることを知るきっかけになるのではないか」と期待している。問い合わせは大阪教育大学術連携課(072・978・3253)。【大久保昂】

    大阪教育大

    公式HP:http://osaka-kyoiku.ac.jp/
    所在地:〒582-8582 大阪府柏原市旭ケ丘4-698-1
    電 話:072-976-3211

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」
    2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
    3. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
    4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
    5. 丸山議員「女性いる店で飲ませろ」 北方領土訪問中、禁止されている外出を試みる

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです