メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの学校祭

東京農業大・世田谷キャンパス 楽しくおいしい! 125周年記念収穫祭

恒例の大根無料配布は昨年度も人気を呼んだ。今年度はチャリティーイベントとして実施する

 東京農業大学は今年度、創立125周年を迎えた。このような記念すべき年に収穫祭を開催できることを喜ばしく思う。

     さて、今年度の収穫祭テーマは「次代を創る、農のみのり」だ。先人たちの努力によって「農」の歴史を築き、育んで、多くの実りをもたらしてきた伝統を継承するとともに、次代を創る農学の発展にチャレンジしたい、という思いが込められている。

     学生の手で作るステージ企画では、毎年人気のミス・ミスターコンテストや、女装ナンバー1決定戦が開催される。また、研究や課外活動の成果を発表する「文化学術展」や個性豊かな91団体の模擬店など、特色を生かしたイベントを多数用意している。

     収穫祭へのご来場を、心よりお待ちしている。【収穫祭実行本部副委員長・国際食料情報学部2年 三浦和也】

            ◇    ◇

     東京農業大学創立125周年記念の「収穫祭」を盛り上げようと、我々は「宣伝隊」を結成した。小田急小田原線や東急田園都市線の駅などでビラや植物の種、ティッシュなどを配布しながら来校を呼びかけたり、地域イベントに参加したり、学科ごとに作成したみこしや全学応援団とともに宣伝パレードを行うなど、さまざまな活動を行ってきた。

     今年度の収穫祭は10月28日から30日までの3日間行われる。宣伝隊では29、30日、毎年恒例の大根配布を行う。今回は熊本地震など自然災害の被災地に寄付するためのチャリティーイベントとして実施する。ぜひ、募金活動へのご協力を願いしたい。

     収穫祭当日は、模擬店でのみそやはちみつの販売、研究や課外活動の成果を発表する文化学術展、全学応援団によるリーダー模範演技の公開などが開催される。農大ならではの企画や催し物がたくさんあるので、多くの人に足を運んでほしい。【収穫祭宣伝隊本部委員長・国際食料情報学部3年 小平達也】

    東京農業大

    公式HP:http://www.nodai.ac.jp
    所在地:〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
    電 話:03-5477-2226

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
    2. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
    3. 地震で中断の「定時で帰ります」 25日放送 吉高さん被災地にエール
    4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
    5. 東電柏崎刈羽原発、18日夜の地震で「異常あり」と誤送信 柏崎市長が激怒

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです