メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・産業能率大

「キラキラ」カフェメニュー誕生 学生と店舗が共同開発 東京・新宿で販売中

原さんらが描いたイメージ画(左)と完成した「巨峰のコンポートとジンジャーのゼリー」

[PR]

西山さんらの考案によるシューケット、プリン、スフレの「3層食感のスイーツ」
店のスタッフと完成したメニューを検討する西山さん(左奥から2人目)ら

 産業能率大学の学生と、飲食店経営事業を展開する「ラムラ」(東京都中央区)がオリジナルメニューを共同開発した。同社が経営する「common cafe 新宿歌舞伎町店」(新宿区)で現在、4品が販売されている。

 企業の協力による課題解決型授業に力を入れている同大と、次世代の人材育成を重視する同社がメニュー開発を学生に任せることで合意し、4月から準備に取りかかった。さっそく、同大経営学部の倉田洋教授と田中彰夫教授のゼミ生計41人が8チームに分かれ、カフェメニューを考案。それぞれ8品を完成させた。

 3年の原茉奈美(まなみ)さん、溝川美咲さんのチームが企画したのは、3種類の「季節のスイーツジャー」。美容と健康に気を使う女性をターゲットに設定し、ブドウなど旬のフルーツや、低カロリーのショウガを取り入れた。

 特にこだわったのは「キラキラ」。メニューの一つ「巨峰のコンポートとジンジャーのゼリー」に気泡を入れ、透明感やキラキラと輝くかわいらしさを演出した。「試作品には気泡がなく、50枚ものイラストを描いて、何度もやりとりしました」と原さん。苦心作だけあって、溝川さんは「ぜひ写真に撮ってインスタグラムに投稿してほしい」と期待を込める。

 また、3年の西山友啓(ともひろ)さんのチームは、店舗の実地調査と、店から提供された客数・客層のデータ、販売の市場分析などを行った。それをもとに考案したシューケット、プリン、スフレの「3層食感のスイーツ」は、顧客層の女性をターゲットにした。「コンビニスイーツが食感を重視していることもヒントにした」(西山さん)という自信作だ。

 原価・損益計算も行い、「理想と現実」の壁にも直面した。西山さんは「座学だけでなく、現場で企画を実践できたことはいい経験になった」と話す。

 原さんらのチームが考案したスイーツジャーをはじめとする第1弾メニュー(700~3024円)の販売は、10月31日まで。11月1日からは西山さんらのチームなどの第2弾4品(734~1944円)が登場する。その後、学生たちは購入者アンケートなどを分析し、効果測定に取り組む。

 メニューの問い合わせは同店(03・6205・5846)。

産業能率大

公式HP:http://www.sanno.ac.jp/
所在地:〒158-8630 東京都世田谷区等々力6-39-15
電 話:03-3704-9040

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです