メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・産業能率大

総勢300人の仮装パレード 学生が自由が丘のハロウィーンイベントに運営参加

自由が丘のマスコットキャラクター「ホイップるん」も登場してイベントを盛り上げた

[PR]

子どもたちにプレゼントを配る学生
人気映画の登場人物に仮装して活動する学生
フェイスペイントのブースでも学生が活躍

 カボチャの装飾、お化けや人気のキャラクターに仮装した人々--10月29、30日の二日間にわたって行われた「自由が丘ハロウィン2016」で、自由が丘(東京都目黒区)がハロウィーン一色になった。自由が丘商店街振興組合が主催した、このイベントの運営に産業能率大学の同好会「エンターテイメント・ラボ」の学生21人が参加した。同会は、大学キャンパスがある自由が丘の街や店舗、企業と協力して街の季節イベントなどの企画運営を行っており、ハロウィーンイベントへの参加は昨年に続き2回目。

 今年で7回目を迎えるイベントでは、子どもたちによるハロウィーンパレードが初めて行われるなど、過去最大規模に。30日のパレードは抽選で選ばれた小学生以下の子どもたち200人と、障害者団体や地元インターナショナル・スクールから計300人がカボチャのお化けやアニメキャラクターなど、思い思いの仮装をして街を練り歩き、その道中で学生がプレゼントを配布した。

 子どもたちは「トリック・オア・トリート」の合言葉とともに学生から菓子の詰め合わせやハロウィーンのシールをもらい、赤や黄色のスティックバルーンを受け取ると大喜び。学生も全員が仮装し、ハロウィーンの雰囲気をより一層盛り上げた。

 自由が丘の商業施設が同時開催したイベントにも同会の学生が参加。学生が子どもたちにフェイスペイントし、ハロウィーン仕様のフォトスポットでの撮影ができるため、ここにも多くの家族連れが訪れた。イベント終了予定時刻の1時間前には用意したフェイスペイント用のインクがなくなるほどで、学生はペイントに、カメラマンにと大活躍だった。

 このプロジェクトを担当した経営学部3年の橋本莉奈さんは、「イベントに参加して企画運営のノウハウを現場で学べるのは貴重な経験。今後も子どもや家族、たくさんの人が楽しめるイベントづくりなど、街と協力しながら活動していきたい」と話した。同会は11月のイルミネーション点灯式や、12月のクリスマスイベントなど、今後も自由が丘で行われるイベント運営に参加する。

産業能率大

公式HP:http://www.sanno.ac.jp/
所在地:〒158-8630 東京都世田谷区等々力6-39-15
電 話:03-3704-9040

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです