メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・産業能率大

名水でいれた瓶詰めコーヒーを群馬県川場村と共同開発・販売

試飲を勧める経営学部4年の大和田沙織さん(中央)ら学生たち

[PR]

群馬県川場村と共同開発した「水出し浅煎り珈琲プレミア」
商品をPRする川場村の宮内実副村長(左)
東京・青山でコーヒー豆を販売する経営学部4年の若林慧さん

 産業能率大学と群馬県川場村がこのほど、同村の名水を使った「水出し浅煎り珈琲(コーヒー)プレミア」を共同開発した。同村の道の駅「田園プラザ川場」で販売されている。1本1800円。11月3日の販売初日には、開発にかかわった学生21人と同村の宮内実副村長らが駆けつけ、田園プラザ川場のほか同村役場などに特設ブースを設け、商品をPRした。

 同大経営学部の田中彰夫教授が2012年から同村の地域活性化支援に当たっており、新たな名産を作ろうと、村の名水を使用した商品開発に取り組んできた。共同開発した瓶詰めコーヒーは、田中ゼミの学生たちがラベルのデザインと販売PRを担当。村の自然豊かな写真を中心に据えたラベルで、「水出し」のフォントを大きく目立たせているのが特徴だ。

 田中ゼミの大和田沙織さん(経営学部4年)は「ラベルに興味を持ってくれるお客さんがいて会話が弾んだ。ここでしか買えない商品なので、ぜひ多くの人に足を運んでほしい」と話した。

 学生たちは消費者行動論を学んでおり、学びを実践する場として昨年春から東京・青山でコーヒー豆を販売している。消費者の視線の動きに合わせた商品ディスプレーや、試飲の際に「売り込む」のではなく「好みを聞き出す」コミュニケーションを実践するなどし、売り上げを伸ばしてきた。同ゼミの若林慧さん(経営学部4年)は「学んだ知識が結果となって返ってくるのでやりがいがある。青山での販売の経験が川場村での販売でも役に立った」と話す。青山の実践で協力したコーヒー豆専門店が、川場村の名水に合う豆を厳選するなど今回も協力した。

産業能率大

公式HP:http://www.sanno.ac.jp/
所在地:〒158-8630 東京都世田谷区等々力6-39-15
電 話:03-3704-9040

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです