メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・人間総合科学大

宇都宮大学の農場で2泊3日研修 学生25人が搾乳など体験

宇都宮大の農場で、乳牛に餌をやる学生ら

[PR]

 人間総合科学大学の学生がこのほど、宇都宮大学農学部付属農場(栃木県真岡市)での研修を行った。農場内の施設に2泊し、水稲の品質評価や果樹栽培などからヒツジの世話、乳牛からの搾乳、ソバ打ち、ミルクアイス作りまでを体験した。

     参加したのは人間科学部健康栄養学科の3年生22人と、大学院健康栄養科学専攻の3人。宇都宮大学農学部と大学院農学研究科の学生のサポートを受け、食生産関連科目の講義を受講したり、大学院生の研究発表を聞いたりするなど、学びの幅を広げた。

     滞在中の食事も、学生たちがテーマとメニューを考えて自炊。2日目の夕食にはパエリア、鶏肉とジャガイモのはちみつレモン焼きなどのパーティーメニューを用意し、宇都宮大学の教員や学生と交流した。

     同農場は文部科学省により「教育関係全国共同利用拠点」に認定されており、大学の機能別分化の促進や大学間ネットワークの構築を担っている。人間総合科学大は拠点制度が始まった2010年から同農場での研修に参加。「作物」「園芸」「家畜」「農業機械」の4分野における実習や、宇都宮大との交流を通じて、食の原点を見つめ直すことを目的としている。

     今年度は実習プログラムのテーマを「こころを育む食環境実習」とし、学生たちは4月から事前学習を行って、準備を進めてきた。食物の生産から消費までの流れを理解し、人間と自然の関わりや生命の尊さ、環境問題などを考える有益な機会となっている。管理栄養士を目指す増子夕佳さんは「私たちの食を支える生産現場を目の当たりにし、普段の授業とは違った経験ができた」と感想を述べた。

    人間総合科学大

    公式HP:http://www.human.ac.jp
    所在地:〒339-8539 さいたま市岩槻区馬込1288
    電 話:048-749-6111

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

    2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

    3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

    4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

    5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです