メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・杏林大

にぎり飯を八王子名物に 総合政策学部の学生が提案、3年連続で最優秀賞受賞

賞状を手にする久野ゼミナールの学生ら

[PR]

 第8回大学コンソーシアム八王子学生発表会が12月3、4日、八王子市学園都市センター(東京都八王子市)で開かれ、杏林大学総合政策学部の久野ゼミナールが市政提案部門で3年連続3回目の最優秀賞を受賞した。

 この発表会は、同市周辺にキャンパスを持つ大学、短大、高専と同市などでつくる連合組織「大学コンソーシアム八王子」が毎年開いている。参加する学生は、大学での学びと地域の文化や産業を結び付け、産学共同研究や新たなまちづくりを提案する。今回は「産業提案部門」と「市政提案部門」の2部門に、市内12の大学などから193団体がエントリーした。

 久野ゼミは「続々・宿場町八王子再生機構の提案~清流米と江戸東京野菜を用いた新地域ブランドの創出~」をテーマに発表した。八王子が宿場町となった江戸時代、峠越えのお供として「にぎり飯」が旅人に愛されていたことに着目。市内で生産されている希少な清流米と江戸東京野菜を用いた新しい「にぎり飯」を特産品として販売することを提案した。

 「八王子らしさ」「実現可能性」「独創性」「プレゼン力」および「質疑応答力」などが総合的に評価され、最優秀賞を受賞した。

 ゼミ代表の総合政策学科2年、岩瀬匠偉さんは「生産・加工が容易なにぎり飯を特産品化して、高尾山の登山客に販売すれば、市内の米屋や仕出し弁当屋など、多くの中小企業に波及効果がある」と話し、「今回の提案を一日でも早く実現できるよう、行動を開始したい」と意気込みを語った。

杏林大

公式HP:http://www.kyorin-u.ac.jp/
所在地:〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
電 話:0422-47-5511

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです