連載

大学倶楽部・明治大

公式HP:http://www.meiji.ac.jp/ 所在地:〒101-8301  東京都千代田区神田駿河台1-1 電話:03-3296-4545

連載一覧

大学倶楽部・明治大

旧陸軍登戸研究所 建物と地域から追う 生田キャンパスで企画展

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
資料館として保存・活用されている旧陸軍登戸研究所第2科の研究施設 拡大
資料館として保存・活用されている旧陸軍登戸研究所第2科の研究施設

 明治大学生田キャンパス(神奈川県川崎市)の「明治大学平和教育登戸研究所資料館」で、企画展「『登戸』再発見 建物と地域から追う登戸研究所」が開かれている。

 同研究所は戦前、日本陸軍によって開設された。広大な敷地内で、生物・化学兵器の開発や偽札製造などが行われた。資料館は2010年3月にオープン。もともと細菌やウイルスなど生物・化学兵器を開発していた同研究所第2科の施設で、戦後は同大学農学部の研究棟として使われていた。

 企画展では、古い写真や図面などから往時を振り返る。またキャンパス内に残る遺構や、小田急線登戸-生田駅にかけてあった軍関連施設を紹介する。生田にあったにもかかわらず「登戸」と名付けられた謎にも迫る。

 関連イベントも。史跡めぐりのスタンプラリーで、全9カ所のスタンプを集めると認定書がもらえる。また17年3月11日午後1時半には、同研究所で「風船爆弾」の試射など実際に働いていた人たちによる証言会が開かれる(予約不要、当日先着126人)。

 来年3月25日まで。無料。日曜~火曜日と12月25日~1月10日、14日、3月18日休館。問い合わせは同館(044・934・7993)。【栗原俊雄】

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る