メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・大阪教育大

300人の高校生が「大教大をまるごと体験」

大学生の案内で図書館の見学に向かう高校生たち
箱崎雄子准教授の講義の様子
作文コンクール最優秀賞に選ばれた桜塚高2年の藤原詩菜さん(左)

 大阪府立高校37校で組織する府立高校教職コンソーシアム加盟校の高校生を対象としたミニオープンキャンパス「大阪教育大学キャンパスガイド 大教大をまるごと体験しよう!」がこのほど、同大の柏原キャンパス(大阪府柏原市)で開催された。大学生の案内による施設見学や講義体験、生徒の質問に答えるコーナーなどさまざまな催しが繰り広げられ、高校生約300人が大学の魅力を体感した。

     教養学科芸術学専攻音楽コースの学生と、加盟校である夕陽丘高校・音楽コースの生徒による合同金管アンサンブルで開幕。中西正人理事・副学長が歓迎のあいさつを述べた。続いて、大学の魅力について大学生がプレゼンテーションした後、10人程度のグループに分かれ、講義室や図書館、体育館などを見学し、学食で昼食を取った。

     午後からは文系と理系に分かれ、講義を体験。箱崎雄子准教授(英語教育講座)が「発音の基礎・基本-これだけで英語らしく聞こえる-」、橋本健一准教授(英語教育講座)が「理系×英語×教育 読んで・わかって・教える」と題して講義を行い、アクティブ・ラーニングを取り入れた楽しい授業を提供した。

     参加者からは「大教大の良いところがたくさん分かり、志望する気持ちがさらに強くなった」「学生の方々が楽しそうで、充実していることが伝わってきた。良い印象が持てた」「特別講義は普段の授業と違い、内容がとても興味深く面白かった。大学生になるのが楽しみ」などの感想が寄せられた。

     教職を目指す思いや日常生活での感動をテーマにした高校生の作文コンクール「Leading to the Future 未来に向かって-教師・夢・感動-」の表彰式も行われ、304件の応募の中から、桜塚高2年の藤原詩菜(ふじわら・うたな)さんの作品が最優秀賞に選ばれた。

    大阪教育大

    公式HP:http://osaka-kyoiku.ac.jp/
    所在地:〒582-8582 大阪府柏原市旭ケ丘4-698-1
    電 話:072-976-3211

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
    5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです