メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・大阪教育大

高校教員対象に特別講座 カリキュラムマネジメントなど巡り議論

ワークショップで課題分析に取り組む教員たち
カリキュラムマネジメントについて語る田村准教授
講演する熊谷秀幸氏

 大阪府立高校の教員らを対象とした特別講座が12月3日、大阪教育大学で開かれ、「カリキュラムマネジメント」と「高大接続」をテーマに熱心な議論が交わされた。

     同大では、教職大学院レベルの授業を3回連続で提供する教師塾「教師の学び舎」を開いている。今回は多忙な教員の要望に応え、1日完結の特別講座として企画。天王寺キャンパス(大阪市天王寺区)に教員のほか教育委員会指導主事、大学院生ら約70人が集結した。

     午前中は、岐阜大学大学院教育学研究科の田村知子准教授が、カリキュラムマネジメントについて講義した。田村准教授はゴールを設定してから指導を計画する「逆向き設計論」を紹介。この論に基づいて教育目標や組織構造、学校文化などの要素を分析、改善する手法を説明した。「最初からベストを求めず、まずはベターを目指してほしい」と、田村准教授はアドバイスした。

     続いて、大阪教育大学連合教職大学院の木原俊行教授と教職教育研究センターの恩知忠司教授が加わり、講義内容を具現化するワークショップを行った。4人1組で所属校の現状や課題を共有し、改善策を検討した。さらに他グループとも交流し、意見を交わし合った。

     午後からは立命館大学高大連携推進室の熊谷秀幸課長が、キャリア教育・進路指導について語った。「企業が学生に不足していると思っているのは主体性やコミュニケーション能力、粘り強さだが、学生は語学力や業界の専門知識、資格が足りないと考えている」と説明し、「あきらめない力や、多様な価値観や国籍を持つ仲間と働く力を養うことが求められている」と力説した。

     最後に、「教師の学び舎」の受講経験を持つ2人の教諭が登壇。夕陽丘高校(同区)の福本美紀教諭は、自身のキャリアやミドルリーダーとして求められている役割を、寝屋川高校(寝屋川市)の木原裕紀教諭がカラオケチェーン店で行われているじゃんけんやサイコロを使ったイベントを例に、数学の確率を学ぶ授業実践を紹介した。

     参加した教員らは「マネジメントのイメージ図がわかりやすかった。同僚とじっくり取り組みたい」「アクティブラーニング(能動的学習)などで、企業の求める力を養う必要性を感じた」「日常生活の中から、楽しい教材を見つける視点がユニークで、数学と実社会をつなぐことが重要だと感じた」などと感想を寄せた。

    大阪教育大

    公式HP:http://osaka-kyoiku.ac.jp/
    所在地:〒582-8582 大阪府柏原市旭ケ丘4-698-1
    電 話:072-976-3211

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
    2. 小嶺麗奈容疑者、過去に薬物撲滅のCM出演 大麻取締法違反容疑で逮捕
    3. ORICON NEWS 川栄李奈、夫・廣瀬智紀の“二股”報道に「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」
    4. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
    5. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです