連載

大学倶楽部・明治大

公式HP:http://www.meiji.ac.jp/ 所在地:〒101-8301  東京都千代田区神田駿河台1-1 電話:03-3296-4545

連載一覧

大学倶楽部・明治大

図書館・博物館の資料を富岡製糸場で企画展示 仏研究家収集の書籍など197点 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
企画展示のチラシ 拡大
企画展示のチラシ

 日仏交流史研究家で、幕末・明治期の日仏交流資料収集家であるクリスチャン・ポラック氏が集めた富岡製糸場(群馬県富岡市)に関連する資料の企画展示会が1月14日から、富岡製糸場東置繭所で開かれる。展示するのは、書籍や古写真、ポスター、生糸商標など197点。2月12日まで。無料(別途、同製糸場入場料が必要)。

 この企画展は、明治大と富岡市が昨年3月に締結した相互協力に関する基本協定に基づいて実施する。資料所蔵館の明治大学図書館・博物館が協力する。展示内容は(1)近代養蚕・近代製糸の黎明(れいめい)(2)横須賀製鉄所(3)生糸を彩る商標たち(4)原合名会社とリヨンの絹商人--など。主な展示品のうち、個人蔵の「日本の養蚕に関する研究報告-日本島の中央地域について-」(1869年、活版書籍)は初出展。参考出品で「原輸出店」の多色刷りポスターやカレンダーなども紹介される。

 クリスチャン・ポラック氏は1950年フランス生まれ。71年から日本に在住し、コンサルティング会社の社長。

 入場は午前9時~午後5時。問い合わせは富岡製糸場(0274・64・0005)。【畑広志】

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る