メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・立教大

客員教授の池上彰さん グローバルで学ぶこと、福岡の高校生らに講演

「歴史の中でどう位置づけるか考えてほしい」と話す池上さん

[PR]

 ジャーナリストの池上彰さんの公開講演会「グローバル社会を生きる」(立教大学主催、毎日新聞社など後援)が1月28日、福岡市中央区の電気ビルみらいホールであり、高校生ら約400人が参加した。

 池上さんは今年度から立教大客員教授を務めている。授業を英語で展開する新しいコース「グローバル・リベラルアーツ・プログラム」(GLAP)が同大で今年4月から開設されるのを記念して講演会を開催した。

 昨年11月の米大統領選で各陣営の政治集会などを取材した経験を踏まえ、「トランプ旋風」が吹いた理由は「世界は一つというグローバリズムが広がって人や物の移動が自由化された結果、恩恵を受ける人がいる一方で仕事がなくなる人もいた。グローバリズムによって弱い立場になった人たちがトランプに投票した」と分析した。

 池上さんは歴史に学ぶ大切さを強調し、「グローバリズムを全部肯定してしまうと、また次の問題が起きる。これからは、グローバリズムの中で何をしていくか学ぶことが必要だ」と話した。【川上珠実】

立教大

公式HP:http://www.rikkyo.ac.jp/
所在地:〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
電 話:03-3985-2202

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  5. 夜通しパーティーやカラオケ…看護師3人感染 患者2人も 奈良、拡大恐れ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです