メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・杏林大

グローバルシンンポジウム開催 トライリンガル人材の育成成果を報告

シンポジウムでは、中国語学科の学生による中国語での学習や学生生活についての発表も。逐次通訳付きで行われた

[PR]

 杏林大学井の頭キャンパス(東京都三鷹市下連雀5)で3月11日、「第8回グローバルシンポジウム」が開かれ、同大の学生・教職員、一般来場者など約100人が参加した。

 同大は、2012年に文部科学省の補助事業「経済社会の発展を牽引(けんいん)するグローバル人材育成支援」に採択され、今年度が事業の最終年度となる。シンポジウムでは、5年間の成果報告と今後の展望が発表された。

 第1部は、事業の第三者評価委員である横河電機社友の内田勲氏が「世界の動きと、これからのグローバル人材育成について」と題して特別講演。続いて、「世界で活躍する、スマートでタフな日中英トライリンガル人材の育成」をスローガンに取り組んできた事業の実績や学習の成果、学内のグローバル化について、同大国際交流センターの塚本慶一センター長が報告した。塚本センター長は「今後も国際的に評価され、特色ある研究機関を目指してグローバル人材の育成を更に推進していく」と展望を語った。

 第2部では、グローバル教育活動の成果を報告。全国学生英語プレゼンテーションコンテストに参加した学生や、2度の海外研修を経て海外の大学院に進学する学生が体験談を発表した。

 跡見裕学長は、卓抜した語学力・スマートでタフな日中英トライリンガルの育成を目標に掲げてきた5年間を振り返り、学生の留学・研修参加者が大幅に増加したことなどに触れ、「これまでの取り組みを継続・発展させ、激動の時代の中でもしっかりと考え行動し、社会を変えていくことのできる学生を輩出したい」と決意を述べた。

杏林大

公式HP:http://www.kyorin-u.ac.jp/
所在地:〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
電 話:0422-47-5511

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです