メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・桜美林大

高校時代に受けた講義を入学後の単位に 両大が協定、相互認定へ

協定書調印後に握手する杏林大の跡見裕学長(左)と桜美林大の三谷高康学長

[PR]

 杏林大と桜美林大が3月21日、両大の講義を受けた高校生に対し、入学後の単位として認定する協定を結んだ。4月から協定に基づく高校生を受け入れる予定で、既に5人から申し込みがあるという。両大によると、高校生の単位認定は、単一の大学が行う例はあるが、複数の大学が相互に単位認定するのは初めて。両大は今後、協定への参加を周辺の大学に呼びかけていく。

 杏林大井の頭キャンパス(東京都三鷹市)であった調印式には、杏林大の跡見裕、桜美林大の三谷高康の両学長が出席。跡見学長は「高大連携の一環としての取り組み」と説明、三谷学長は「英語以外の外国語を学ぶ高校生にとって非常に有益」と話した。

 両大はこれまで高校生の受け入れ実績があり、方向性が一致した。跡見学長は「(大学進学を控えた)高校生の囲い込みであってはいけない」とも述べ、協定参加校を5~10大学に広げたい考えだ。【福沢光一】

杏林大

公式HP:http://www.kyorin-u.ac.jp/
所在地:〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
電 話:0422-47-5511

桜美林大

公式HP:http://www.obirin.ac.jp/
所在地:〒194-0294 東京都町田市常盤町3758
電 話:042-797-1583

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 東京マラソン「大規模イベントに当たらない」 日本陸連、予定通り開催

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです