連載

大学倶楽部・法政大

公式HP:http://www.hosei.ac.jp/ 所在地:〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1 電話:03-3264-9240

連載一覧

大学倶楽部・法政大

大分・杵築の特産茶葉使用 「ほうせい茶」発売

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
杵築産の茶葉を使った「ほうせい茶」 拡大
杵築産の茶葉を使った「ほうせい茶」

 大分県杵築市は、法政大が杵築産の茶葉を使ったペットボトルのお茶「ほうせい茶」を売り出すと発表した。1880年に法大の前身である「東京法学社」を創立した法律家らのうち、金丸鉄(まがね)と伊藤修の2人が杵築藩士出身だったことが縁で、大学側が「きつき茶生産組合」に提案。新製品が完成した。

 ほうせい茶の製造は法大の出資会社「エイチ・ユー」で、これまでに大学のロゴ入りTシャツや帽子、ネクタイなどを作っている。法大の歴史を見直す中で、創立者の出身地・杵築の特産品がお茶だと知り、法大関係者らの意識高揚のために製品化を企画した。

 最初は大学構内の自動販売機や売店で売るほか、全国の後援会やOB・OG組織のイベントなどで使い、約30万人の卒業生を通じて杵築のお茶をPRするという。

 金丸と伊藤は杵築市で「郷土の偉人」とされ、市内の城山公園に顕彰碑がある。【大島透】

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る