メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東京電機大

東京千住キャンパスに5号館完成 ものづくり学ぶ拠点、屋上庭園も

完成した5号館の全景

[PR]

吹き抜けのアトリウムは一般の人も通行可能だ
さまざまな加工や研究に対応できる「ものづくりセンター」
屋上庭園に面した窓ガラスにはヒートアイランド対策も施されている

 東京電機大学の東京千住キャンパス(東京都足立区)に5号館が完成し、今年度から学生の利用が始まっている。創立110周年記念事業の一環として建てられ、2012年に開設した同キャンパスの整備がこれで完了した。

 5号館は地上12階、地下1階建てで、延べ床面積約3万3377平方メートル。南と西の窓ガラスには近赤外線を上方に反射させる特殊なフィルムを装着し、周辺のヒートアイランド化を抑制している。また1階には地域住民との接点として、学外経営のスポーツクラブと、幼児から就学児童を対象とした学習支援施設が入居している。

 1~3階吹き抜けの「ものづくりセンター」では先端加工、溶接・切断や木工、金属、電気・組み立てといった産業界におけるさまざまなものづくりを体験できる。金属3Dプリンター、レーザー加工機などを備え、天井高を活用したドローン実験も可能だ。4月に誕生したシステムデザイン工学部や、工学部、未来科学部など、最先端のものづくりを学ぶ先端機械工学科を中心に、多くの学生の利用が期待される。

 6階には学習スペース「総合メディアセンター」がある。プレゼンテーションを練習したり、学生の主体的な学びを促す「ラーニング・コモンズ」として利用したり、グループワーク、独習など、学生たちがそれぞれの課題に合わせて利用できる。また、スカイツリーを望む屋上庭園も同じ階にあり、駅前の繁華街という環境にあって、緑豊かな空間が用意されている。

 来年度には千葉ニュータウンキャンパス(千葉県印西市)から約500人の学生が東京千住キャンパスに移り、同キャンパスに通う学生は約6000人となる予定だ。4月27日、5号館を報道陣などに披露した安田浩学長は「理工系総合大学としてさらに進化し、新しい時代を創造していきたい」と抱負を語った。【上杉恵子】

東京電機大

公式HP:https://www.dendai.ac.jp/
所在地:〒120-8551 東京都足立区千住旭町5番
電 話:03-5284-5125

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いきものと生きる バッタ 海を渡る=五箇公一

  2. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  3. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  4. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです