メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・産業能率大

ブランドイチゴ、希少レンコン…特産で茨城・かすみがうらPR 東京・自由が丘で

学生が、かすみがうら市の農家から仕入れたイチゴ

[PR]

かすみがうら市産レンコンを自由が丘に訪れた人にPRする学生たち
レンコンを販売するゼミ代表の若林さん

 4月29日から5月7日まで東京都目黒区の東急電鉄自由が丘駅周辺で行われた「自由が丘スイーツフェスタ2017」で、産業能率大学の学生が茨城県かすみがうら市の特産品を販売するブースを出し、同市の魅力をPRした。

 ブース出店をしたのは同大経営学部の岩井善弘教授のゼミ生20人。昨年1月にかすみがうら市、筑波銀行と連携協力協定を締結し、学生が地方創生プロジェクトに取り組んでいる。今回は5月3日から3日間、同市の特産品であるブランドイチゴ「いちごっ子」と、茨城県が生産量日本一を誇るレンコンの希少部位「芽蓮(めばす)」の試食・販売を行った。

 「いちごっ子」は糖度15度の甘さがあるものの、都内での流通が少なく認知度も低い。学生たちは販売にあたり、イチゴ農家を訪ねて価格交渉や仕入れを行い、1パック700円で販売。特徴である甘さを試食でアピールし、仕入れた150パックを完売した。

 また、レンコンの柔らかい先端部分である「芽蓮」は、店舗ではほとんど出荷されず希少性が高い。今回は学生が手作りした煮込みの試食が好評で、1袋350円で100袋を販売した。子ども向けにおやつ感覚で食べられる「レンコンから揚げ」も人気だった。

 準備のために現地に8回、往復3時間以上かけて通ったゼミの代表、若林直輝さん(3年)は「地元食材を通した市のPRに手応えを感じた。自由が丘以外の場所での販売にも挑戦してみたい」と意欲的。特産品のPRと販路拡大を進め、かすみがうら市の認知・イメージ向上につなげる考えだ。今後、学生たちは同市の中学生を対象にした地元資源の活用を考えるワークショップへの参画も予定している。

産業能率大

公式HP:http://www.sanno.ac.jp/
所在地:〒158-8630 東京都世田谷区等々力6-39-15
電 話:03-3704-9040

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです