メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・創価大

日タイ修好130周年記念し、プミポン前国王の写真展開催 18日まで

展示を鑑賞するタナサック副首相ら

[PR]

創価大学で学ぶタイからの留学生と記念撮影するタナサック副首相(中央)ら
タイの文化芸能団による公演

 昨年10月に亡くなったタイのプミポン前国王の写真展が5月12日、創価大学中央教育棟1階のエントランスホールで開幕した。日タイ修好130周年を記念し、タイの文化省、外務省、在日大使館が共催している。

 プミポン・アドゥンヤデート前国王は在位70年の間、国家の安定と発展に尽力さし、多くの国民から支持を集めた。農業、水質、土壌、環境、交通、基礎建築、教育などさまざまな分野で4600を超える「王室プロジェクト」を実施し、地域振興に注力した。

 今回の展示では、幼少期の貴重な姿や数々の業績を伝える写真に加え、音楽や絵画などにも造詣が深かった前国王の側面を捉えたカットなど計35点が公開されている。

 開幕式には、タイのタナサック・パティマブラゴーン副首相、ウィーラ・ロートポッチャナラット文化相、バンサーン・ブンナーク駐日大使、東京都八王子市の石森孝志市長らを来賓に迎え、同大の田代康則理事長、馬場善久学長や教職員、学生の代表ら約200人が歓迎した。タナサック副首相は「創価大学は、タイのチュラロンコン大学、タマサート大学などと協定を結び、両国の交流に尽力されている。今回の写真展を通して、さらに連携が強固になることを願っている」と述べた。式典に続き、タイの文化芸能団の60人が舞踊や歌を披露した。

 展示は18日までの午前9時~午後5時。入場無料。問い合わせは同大企画室企画広報課(042・691・9442、publicrelation@soka.ac.jp)。

創価大

公式HP:http://www.soka.ac.jp/
所在地:〒192-8577 東京都八王子市丹木町1-236
電 話:042-691-2211

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 知事、米軍に感染者数公表、一部封鎖求める

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです