メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・金沢工業大

6月21日から大阪で「世界を変えたレコード展」 PMC所蔵の5000枚を展示

世界を変えたレコード展のちらし

 世界有数の24万枚のレコードを所蔵する金沢工業大学ポピュラーミュージックコレクション(PMC)が、6月21日から大阪市北区深町3のグランフロント大阪北館の「ナレッジキャピタル イベントラボ」でコレクションの中から、えりすぐりの5000枚を展示する「世界を変えたレコード展」を開催する。同大などの主催、TSUTAYAなどの後援。

    同展では、全長50メートルにおよぶレコードの大年表「ミュージッククロニクル」とともにPMC所蔵のアナログレコードや雑誌、蔵書などを展示。さらに、ポピュラーミュージック史上重要な出来事をクローズアップするインスタレーションブースを設け、ポピュラーミュージックがいかに世界を変えてきたのかが実感できる。また、ジャケット・アート・ギャラリーとして芸術性にすぐれたPMCえりすぐりのレコードジャケット150点を紹介する。

     現在、「アナログ・レコード」は若い世代のアーティストたちの間でも注目を集めている。今の大学生はデジタル時代に生まれ、レコードを知らない世代だが、同大で建築を学ぶ学生たちが幅広いジャンルで活躍するプロデューサー・ディレクターの立川直樹氏や担当教員の宮下智裕准教授とともに膨大なコレクションを編集・構成し、「ポピュラーミュージック」の魅力をさまざまな角度から紹介する展示プランを練り上げた。

     テクノロジーとアートの融合は今、最も注目されているテーマ。同大ではレコードジャケットのアート性にいち早く注目し、工学を学ぶ学生たちの感性を刺激することになると、1992年にPMCを開設。現在、24万枚を超える所蔵レコードに加え、音楽雑誌、書籍、新聞などポピュラーミュージックに関する関係資料が集まる世界有数のライブラリーとして知られている。同大は「レコードコレクションから『ポピュラーミュージック』の歴史をたどることは、20世紀という時代がいかに創造的であったかを見直させてくれることになる。さまざまな年代の方々に楽しんでほしい」と話している。7月23日までで、入場無料。詳細はホームページで確認できる。問い合わせは同大企画部(076・246・4784)。

    金沢工業大

    公式HP:https://www.kanazawa-it.ac.jp/
    所在地:〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1
    電 話:076-246-4784

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮迫さん「謝罪会見開く」 20日午後、田村亮さんも同席
    2. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
    3. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
    4. 宮迫さん会見「詐欺の被害者の方々におわび。すべての責任は僕に」
    5. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです