メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・茨城大

留学生がお勧めスポット紹介 水戸市作成の台湾向け観光パンフ作成に協力

水戸市が作成し、茨城大の留学生も協力した台湾からの来訪者向けの観光パンフレット

 台湾からの来訪者向けの観光パンフレットを水戸市が作成し、茨城大の留学生も協力した。既存のパンフレットの翻訳版ではなく、市内在住の台湾出身者にお勧め情報を紹介してもらったのが特徴。現地の旅行会社などに1万5000部を配布する。

     A4判カラー8ページ。移住者や茨城大留学生らが「台湾の人が好む」スポットを、顔写真と経歴付きで紹介している。梅祭りで有名な偕楽園では「隠れた名所」の竹林を掲載。他にもアジサイ園や特大フルーツパフェが食べられる店を選ぶなど、ユニークな視点で構成されている。使用する漢字も台湾の表記にした。

     2015年に367万人だった台湾からの訪日観光客数は、昨年は416万人に伸びている。市は「富士山や京都などの名所は既に巡っている人々を、水戸に呼び込みたい」と話している。【根本太一】

    茨城大

    公式HP:http://www.ibaraki.ac.jp/
    所在地:〒310-8512 水戸市文京2-1-1
    電 話:029-228-8111

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 『あらびき団』に不正発覚? 東野幸治&藤井隆が告発「一時はやめようという話も…」
    2. 感謝状 郵便局員が詐欺防ぐ 「お菓子と書け」実はカード
    3. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
    4. 明石家さんま 25年ぶり東海テレビ出演へ 思い出の名古屋・大須演芸場を訪れる
    5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]