メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京新大学春季リーグV 野球部が埼玉県春日部市長を表敬

石川良三・春日部市長(手前)に優勝報告する共栄大の加藤彰学長(左)や新井崇久監督(左から2人目)ら

 東京新大学野球連盟に所属する共栄大学野球部(埼玉県春日部市)が春季リーグ(1部)で優勝し、第66回全日本大学野球選手権大会への2シーズン連続出場を決めた。新井崇久監督らが5月29日、春日部市役所を訪れ石川良三市長に優勝を報告し、石川市長は「選手権大会でも力を出し切り、優秀な成績を収められるよう頑張ってください」と激励した。

     27リーグの代表が出場する選手権大会は6月5~11日、神宮球場と東京ドームで行われる。共栄大は5日(午前9時開始)、東京ドームで南東北リーグ代表の石巻専修大と対戦する。

     新井監督は「昨年のチームは春季リーグの首位打者がいたり、ベストナインに5人が選ばれたりしたが、今シーズンは表彰者もなくずば抜けた選手がいないチームだった」と振り返り、チームの団結力で選手権大会に臨む意思を示した。【栗原一郎】

    共栄大

    公式HP:http://www.kyoei.ac.jp/
    所在地:〒344-0051 埼玉県春日部市内牧4158
    電 話:048-755-2490

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 北ア遭難 沢の水、チョコ食べ…74歳男性1週間ぶり救助
    2. 転落 橋から2歳児が 救助の父不明に 栃木・鬼怒川温泉
    3. USJ 宙づりコースター緊急停止 一時乗客30人動けず
    4. 九州豪雨 「今、流されよう」不明の女性、知人に
    5. 神宮外苑花火大会 1万2000発の光にクレーン照らされ

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]