メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・茨城大

学生、教職員、企業が交流 「未来をデザイン」テーマにパートナーズフォーラム

パートナーズフォーラムでの福田氏特別講演

[PR]

 茨城大学は6月28日、同大でパートナー企業との交流会「茨城大学パートナーズフォーラム2017」を開催した。「不確実な未来をどう構想するか~未来をデザインする~」をテーマに、企業代表や学生、教職員ら約180人が参加した。

 同大は15年から執行部による企業訪問を実施。約50社をパートナー企業に、共同研究やインターンシップ促進に努めている。イベントは2年前から始まり、今回が3回目。

 第一部はまず、水戸市出身でアパレルブランド業「アダストリア」会長兼CEO(最高経営責任者)の福田三千男氏が特別講演。創業した1950年代以来のビジネスモデルの4つの転換点を振り返った上で、現在、国内のアパレル業界が直面しているブランド・商品供給の過多、テクノロジーの進化と少子高齢化といった課題を指摘した。その上で、消費者のライフスタイルをサポートするという新しい価値創造への挑戦について紹介し、「グローバル化や技術についての視野も持って挑戦してほしい」と語った。その後、同大の太田寛行副学長が同大の教育改革、工学部知能システム工学科の鈴木智也教授が人工知能と経営判断の関係について講演した。

 第二部では、博報堂ブランドデザイン副代表で同大社会連携センター顧問の深谷信介氏と福田氏、三村信男学長がてい談。三村学長は「社会の課題を解決するネットワークのハブとしての役割を大学がどう果たせるか。解に向けて協働で取り組み、新しいアイデアを定着させるきっかけになれば」と協力を呼びかけた。

 最後は参加者が7つのグループに分かれ、「不確実な未来をどう構想するか」という全体テーマをめぐって意見を交わした。イベント全体の司会進行も学生が務め、学生、教職員、企業がパートナーとして昨年以上に交流できる場になった。

茨城大

公式HP:http://www.ibaraki.ac.jp/
所在地:〒310-8512 水戸市文京2-1-1
電 話:029-228-8111

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  4. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  5. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです