メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決
大学倶楽部・茨城大

貧困問題考える講演会 水戸キャンパスでNPOが15日

[PR]

 茨城県稲敷市浮島のNPO法人「SMSC」(根本敏宏理事長)は7月15日、若者や子供にも広がる貧困問題を考える講演会「~『普通』の暮らしがしたい~先の見えない『貧困世代』のリアル」を茨城大学水戸キャンパス(水戸市文京2)の講堂で開く。

 奨学金の返済が負担になる一方、派遣や請負などの非正規雇用が拡大するなど、若者世代の貧困問題は深刻化している。

 講演会では、著書のタイトルである「下流老人」が流行語になったNPO法人「ほっとプラス」の藤田孝典代表理事が深刻な貧困の実態を明らかにする。

 またSMSCが実施している生活困窮世帯の子供たちへの学習支援活動で把握した貧困の事例について、根本理事長が報告する。

 正午から。定員300人。入場無料。申し込みはホームページから。問い合わせは029・893・3456。【日野行介】

茨城大

公式HP:http://www.ibaraki.ac.jp/
所在地:〒310-8512 水戸市文京2-1-1
電 話:029-228-8111

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです