メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・茨城大

貧困問題考える講演会 水戸キャンパスでNPOが15日

[PR]

 茨城県稲敷市浮島のNPO法人「SMSC」(根本敏宏理事長)は7月15日、若者や子供にも広がる貧困問題を考える講演会「~『普通』の暮らしがしたい~先の見えない『貧困世代』のリアル」を茨城大学水戸キャンパス(水戸市文京2)の講堂で開く。

 奨学金の返済が負担になる一方、派遣や請負などの非正規雇用が拡大するなど、若者世代の貧困問題は深刻化している。

 講演会では、著書のタイトルである「下流老人」が流行語になったNPO法人「ほっとプラス」の藤田孝典代表理事が深刻な貧困の実態を明らかにする。

 またSMSCが実施している生活困窮世帯の子供たちへの学習支援活動で把握した貧困の事例について、根本理事長が報告する。

 正午から。定員300人。入場無料。申し込みはホームページから。問い合わせは029・893・3456。【日野行介】

茨城大

公式HP:http://www.ibaraki.ac.jp/
所在地:〒310-8512 水戸市文京2-1-1
電 話:029-228-8111

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです