メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・茨城大

「目標は総合V」 学生フォーミュラ部が自作レーシングカーで今年も全国大会へ

発表会会場前で、「IUSN-13」を展示する仲秋さん(手前)と伏見さん

[PR]

今年のマシンの特徴を説明する仲秋さん
日立キャンパス(茨城県日立市)の工房で、マシンを製作する部員ら

 レーシングカーを自作している茨城大学の学生サークル「学生フォーミュラ部」が、今年も「全日本学生フォーミュラ大会」に挑戦する。7月3日、東京都内で開かれた記者発表会で、チームリーダーの仲秋俊太郎さん(大学院理工学研究科博士前期課程2年)は「目標は総合優勝。射程圏内だと思っています」と宣言した。

 この大会は、創造性豊かな技術者の育成を目指し、公益社団法人「自動車技術会」が2003年から毎年開催している。車輪とドライバーがむき出しになったフォーミュラスタイルのレーシングカーを学生が製作し、走行スピードだけでなく、販売戦略、コスト管理能力、開発能力なども競う。ICV(ガソリンエンジン)、EV(電気)の2クラスがあり、例年100ほどのチームが参加している。

 同大の「学生フォーミュラ部」は理工学部の研究室活動の一環として、04年に発足。翌年から毎年この大会に出場してきた。12年の総合5位がこれまでの最高位だ。

 一昨年は大会に向かう途中で交通事故に遭い、マシンを損傷。昨年は大会中にギアが突然不調になり、タイムと燃費を落として総合15位にとどまった。仲秋さんは「ギアのトラブルがなければ5位以内に入っていたはずだ」と振り返る。

 悔しさをバネに、19人の部員が製作中の今年のマシン名は「IUSN-13」。「Ibaraki University」と仲秋さんの名前の頭文字から命名した。可変スタビライザー(水平安定板)の導入による旋回性の向上が目玉だ。ボディーカラーも、これまでの赤・黒・白を基調としたものから、シックな雰囲気が漂う青・黄・白の組み合わせに刷新した。

 この日の発表会場となった日本自動車会館(東京都港区)の前には製作途中のマシンも展示され、テクニカルディレクターを務める伏見輝さん(大学院理工学研究科博士前期課程1年)に「操作性を向上するために特に工夫した点は何か」「ステアリングの形状に特徴があるが、どんな狙いがあるのか」などと記者から質問が飛んでいた。

 大会は9月5~9日、静岡県袋井市の小笠山総合運動公園で行われる。「IUSN-13」製作を支援する企業約100社など学内外の応援団の声援を背に、頂点に挑む。

茨城大

公式HP:http://www.ibaraki.ac.jp/
所在地:〒310-8512 水戸市文京2-1-1
電 話:029-228-8111

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  5. WHO、新型肺炎の世界的流行を認定 危険性評価「非常に高い」へ引き上げ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです