メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・追手門学院大

川端文学の魅力を中国語・韓国語に 文学館パンフレットを留学生らが翻訳

完成した中国語版パンフレット

[PR]

翻訳を手がけた留学生ら

 大阪府茨木市出身のノーベル文学賞作家、川端康成の事績を紹介する「市立川端康成文学館」のパンフレットを、追手門学院大学の留学生らが翻訳した。中国語版と韓国語版が7月1日から配布されている。

     同大のキャンパスがある同市との連携事業の一つとして、中国、韓国からの観光客に文学館に足を運んでもらおうと、今回の翻訳が企画された。

     中国語版は、留学生に日本語を教えている基盤教育機構での授業の一環として、立堀尚子講師と中国人留学生16人が担当した。川端の略歴をはじめ、館内に展示されている生家の模型の解説文、旧制茨木中学(現府立茨木高校)時代に文学への志を書いた手紙の紹介文などを、3週間かけて翻訳。同大国際交流教育センターの中国人スタッフもチェックした。パンフレットは1000部発行され、市内の公共施設にも置かれている。

     韓国語版は韓国人留学生が1人で手がけた。当面は簡易印刷したものを館内限定で配布し、来年以降パンフレット形式での発行を検討するという。

     同館の高橋照美館長は「中国では特に『雪国』の人気が高く、中国人入館者も増加傾向にある。翻訳パンフレットを機に、より多くの中国人観光客を呼び込みたい」と期待を寄せている。

    追手門学院大

    公式HP:http://www.otemon.ac.jp/
    所在地:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
    電 話:072-641-9590

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

    3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    5. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです