メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・追手門学院大

川端文学の魅力を中国語・韓国語に 文学館パンフレットを留学生らが翻訳

完成した中国語版パンフレット
翻訳を手がけた留学生ら

 大阪府茨木市出身のノーベル文学賞作家、川端康成の事績を紹介する「市立川端康成文学館」のパンフレットを、追手門学院大学の留学生らが翻訳した。中国語版と韓国語版が7月1日から配布されている。

     同大のキャンパスがある同市との連携事業の一つとして、中国、韓国からの観光客に文学館に足を運んでもらおうと、今回の翻訳が企画された。

     中国語版は、留学生に日本語を教えている基盤教育機構での授業の一環として、立堀尚子講師と中国人留学生16人が担当した。川端の略歴をはじめ、館内に展示されている生家の模型の解説文、旧制茨木中学(現府立茨木高校)時代に文学への志を書いた手紙の紹介文などを、3週間かけて翻訳。同大国際交流教育センターの中国人スタッフもチェックした。パンフレットは1000部発行され、市内の公共施設にも置かれている。

     韓国語版は韓国人留学生が1人で手がけた。当面は簡易印刷したものを館内限定で配布し、来年以降パンフレット形式での発行を検討するという。

     同館の高橋照美館長は「中国では特に『雪国』の人気が高く、中国人入館者も増加傾向にある。翻訳パンフレットを機に、より多くの中国人観光客を呼び込みたい」と期待を寄せている。

    追手門学院大

    公式HP:http://www.otemon.ac.jp/
    所在地:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
    電 話:072-641-9590

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 奈良・安堵 町議「股裂き刑したい」ヘイト投稿
    2. 靖国神社 徳川康久宮司が退任へ 「一身上の都合」と説明
    3. 茨城県警 衣装ケースから遺体発見 一部白骨化 水戸
    4. 訃報 スピードスケートの住吉都さんが死去 ソチ五輪代表
    5. 厚労省 「ヒルドイド」美容目的の処方規制見送り

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]