メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・茨城大

30人が英語漬けで聞く、話す、書く 日本語禁止のキャンプ開催

朝から夕方まで取り組んだグループセッション

[PR]

5人1組で課題に挑んだ参加者
参加者は楽しみながら英語漬けの2日間を過ごした

 茨城大学水戸キャンパスで7月15、16の両日、「イングリッシュ・キャンプ」が開かれた。参加者は英語しか話せず、企画・進行役のTA(ティーチング・アシスタント)に誘導されながら、プログラムを知らされずに朝から夕方まで「セッション」と呼ばれるさまざまな活動に挑戦する。3年前から毎年2回実施されていて、今回は同大学生のほか卒業生、他大学生、社会人ら約30人が2日間、楽しく英語漬けの生活を送った。

 参加者4人とTA1人の計5人でグループを作り、洋楽を聞きながら虫食いの歌詞カードを埋めていく「ソング・トランスクリプション」、短い文章のテープを一人が聞いて復唱し、他のメンバーが書き取る「ラウドスピーカー」などのセッションに取り組んだ。グループで協力しながら「聞く」「話す」「書く」の技能をフル回転させ、正解が発表されると歓喜の声が上がった。終了後のアンケートでは「楽しかった」「他学部や他校の人たちとも話すことで、自分の英語コミュニケーションの実力を思い知らされた」などの意見が出された。

 今回のキャンプ運営リーダーを務めたのは、教育学部英語選修3年の佐藤響さん。高校時代からこの活動に興味を持っていて、同大1年生の時には「イングリッシュ・キャンプ」の発祥校・東京学芸大での合宿にも参加した。その後、茨城大での運営スタッフを務めている。佐藤さんは「今回、セッションごとにしっかり指導案を作ったのも良かった。英語を楽しく学ぶ新しいメソッドも得られるので、これからも高校への出前授業などで生かしたい」と手応えを感じていた。

茨城大

公式HP:http://www.ibaraki.ac.jp/
所在地:〒310-8512 水戸市文京2-1-1
電 話:029-228-8111

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです