メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・順天堂大

陸上世界選手権 三段跳びに出場の4年、山本選手が故郷の長崎・諫早で市長表敬

宮本明雄市長(左)を表敬した山本凌雅選手

[PR]

 陸上の世界選手権(8月4~13日、ロンドン)に出場する長崎県諫早市出身で男子三段跳びの順天堂大学4年、山本凌雅(りょうま)選手(22)が7月18日、同市の宮本明雄市長を表敬した。山本選手は日本記録(17メートル15)の突破を目標に掲げ「皆さんに良い結果を伝えられるようにしたい」と抱負を述べた。

 山本選手は県立諫早農高を卒業し、順天堂大に進んだ。今年4月に世界選手権代表選考会を兼ねた織田幹雄記念国際大会で16メートル87をマークし、参加標準記録(16メートル80)を突破。6月の日本選手権を2連覇し、日本代表の座をつかんだ。

 面談で宮本市長は「2020年の東京五輪へも市民の期待は膨らんでいる」と活躍に期待した。【中尾祐児】

順天堂大

公式HP:http://www.juntendo.ac.jp/
所在地:〒113-8421 東京都文京区本郷2-1-1
電 話:03-5802-1006

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  3. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  4. 新型コロナ あやめ・ラベンダーフェス中止 開花前に刈り取り 久喜 /埼玉

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです