メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・杏林大

東京・青梅商工会議所が訪日外国人誘致 留学生ら招き課題探る

御岳山でのモニターツアーに参加した外国人留学生ら

[PR]

 青梅商工会議所(東京都青梅市)は、今年度から3年間かけて都内の大学などと連携しながら、訪日外国人(インバウンド)誘致に向けた取り組みを進める。関東有数の霊山で、山頂近くに「御師」と呼ばれる神職の営む宿坊のある御岳山といった、都心とはひと味違った東京の多彩な魅力を、ウェブサイトなどを通じて発信していく。第1弾として7月、杏林大学の外国人留学生を御岳山に招いた。

 青梅市は2020年の東京五輪・パラリンピックの参加国と交流する「ホストタウン」で、ドイツの受け入れ先になっている。同会議所は独以外の国や地域からも外国人観光客を呼び込み、地元の観光や小売業の活性化を目指すという。

 初年度の今年は、御岳山周辺でモニターツアーなどを実施。最近は「おいぬさま」の神社として、愛犬連れの参拝客の増えている武蔵御嶽神社や宿坊での宿泊を通じ、杏林大学のアメリカや中国からの留学生らの感想を聞き、インバウンド誘致に向けた課題を探った。

 来年度は多摩川をさかのぼった奥多摩、最終の3年目は江戸時代の豪商の家屋など街道沿いに古い町並みの残る青梅駅周辺を対象にする予定。実際に体験してもらうことで、外国人にとって魅力的な回遊ルートや、観光情報を載せたウェブサイト作りに取り組む。

 モニターツアーの担当者は「朝の滝行など非日常的な体験が男子学生に好評だったようだ」と分析。良い意味で「よそ者」の視点を取り入れながら、インバウンド誘致に向け、青梅ならではの魅力を発信していく。【熊谷泰】

杏林大

公式HP:http://www.kyorin-u.ac.jp/
所在地:〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
電 話:0422-47-5511

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  2. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  3. 行政ファイル 横浜・炊飯器からネズミ見つかり給食の米飯提供中止 /神奈川

  4. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです