大学倶楽部・琉球大

野生のカワウソ、38年ぶり国内に 伊沢教授が長崎・対馬で撮影

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
発見されたカワウソについて記者会見で説明する琉球大の伊沢雅子教授(右) 拡大
発見されたカワウソについて記者会見で説明する琉球大の伊沢雅子教授(右)
長崎県・対馬の山中に設置された自動撮影装置に映っていたカワウソ(2月6日撮影、琉球大提供) 拡大
長崎県・対馬の山中に設置された自動撮影装置に映っていたカワウソ(2月6日撮影、琉球大提供)
拡大

 1979年を最後に目撃情報が途絶え、絶滅したとされていた野生のカワウソが38年ぶりに国内で発見された。琉球大学の伊沢雅子教授が8月17日、2月に長崎県・対馬で撮影したカワウソの動画を発表した。ニホンカワウソは「絶滅種」に指定されており、環境省は今回の個体がニホンカワウソかどうかの調査を進める。

 「対馬で約20年間、調査したが、突然カワウソが現れてとてもびっくりした」。記者会見で伊沢教授が語った。ツシマヤマネコなどの調査で、山林に設置した自動撮影装置が2月6日午前4時20分、カワウソの姿をとらえた。環境省が7月の現地調査でふんなどを採取し、DNA型を調べた結果、カワウソのものと断定。少なくとも2匹いる可能性があり、うち1匹は韓国やロシア・サハリン由来のユーラシアカワウソとみられる。絶滅したニホンカワウソの生き残りであることも否定できないが、伊沢教授は「大陸に分布するユーラシアカワウソが約50キロ離れた朝鮮半島から海を渡ってきた可能性も高い」と指摘する。

 ニホンカワウソは明治期まで水辺に広く生息していたが、毛皮を目的とした乱獲などで減少。国内では高知県での目撃例(79年)を最後に確認されず、2012年に「絶滅種」に指定された。

 一方、対馬は独自の生態系を有しており、豊かな自然の中で細々と生き残っていた可能性がある。韓国由来説もある。環境省の現地調査に関わった佐々木浩・筑紫女学園大教授は「朝鮮半島から約30キロ離れた韓国の離島にもカワウソが生息し、両者のDNA型は同じ。海流に乗れば約50キロ離れた対馬にたどり着くこともあり得る」と話す。

 ニホンカワウソかどうかを判断する作業も難航しそうだ。国内にあるニホンカワウソの標本のうち、保存状態が良く遺伝子解析が可能なのは30個程度で、試料は限られる。【五十嵐和大、阿部周一】

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る