メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東海大

ソーラーカーレース・世界大会 車両を公開 3大会ぶり優勝目指す

レースに臨む新車体を囲んで優勝を目指す東海大学チーム 

 東海大学は8月29日、神奈川県平塚市北金目の湘南キャンパスで、オーストラリアで隔年開催されているソーラーカーレース「2017ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ」に参戦する車両を公開した。東海大は2009年と11年に同大会を連覇したが、13年は準優勝、15年は3位だった。今大会は3大会ぶりの優勝を目指す。

     大会はオーストラリア北部のダーウィンから南部のアデレードまでの約3000キロを走破する世界有数のソーラーカーレース。今大会は10月8日に開幕し、世界22の国や地域から四十数チームが参加する予定。

     今回から太陽電池搭載面積が6平方メートルから4平方メートルに規則が変更されたため、単胴型といわれるコックピットが全幅の中央に位置する車体にして、空気抵抗を抑えるように工夫した。電機大手・パナソニックの太陽電池やバッテリーと、車体に繊維大手・東レの炭素繊維を使うなど、企業と学生が一体となって車体開発した。

     チームは24人で、このうち学生は14人。チームリーダーの動力機械工学科2年、武藤創さんは「今年が東海大学の建学75周年なので、建学に花を添えるようなレースをしたい」と優勝目指してレースに臨む意気込みを話した。【渡辺明博】

    東海大

    公式HP:http://www.u-tokai.ac.jp/
    所在地:〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
    電 話:0463-58-1211

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アザラシ 「なぜこんな所に」秋田・能代の川
    2. 傷害容疑 不必要に患者の歯削り損傷 歯科医師を逮捕
    3. ロシア シベリアに大寒波 氷点下65度、死者も
    4. 大リーグ イチロー、日本球界に復帰も 公式サイト伝える
    5. 特集ワイド 拉致被害者家族、蓮池透さんに聞く 「最重要課題」一ミリも動かぬ安倍政権 政治家こそ「痛恨の極み」

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]