メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・杏林大

スノードン副学長が国際理解と英国をテーマに講演 10月1日に羽村市で

講演するスノードン副学長

[PR]

 杏林大学のポール・スノードン副学長が10月1日午後2時から、東京都羽村市緑ケ丘1の市生涯学習センター「ゆとろぎ」で行われる市民講座で「好奇心から始まる国際理解」と題して講演する。

 スノードン副学長は英国出身で1977年に来日。筑波大学、早稲田大学で教べんを執り、2013年に杏林大の副学長に就任した。

 インターネットの普及や交通手段の発達などで世界との距離が縮まり、さまざまな分野で国際化が進む現代社会。世界の文化や歴史、社会構造などを理解する重要性はますます高くなっている。講座では、スノードン副学長が40年にわたる日本での生活経験に基づき、国際理解と英国について語る。

 入場無料で定員70人。申し込み・問い合わせはゆとろぎ(042・570・0707)。

杏林大

公式HP:http://www.kyorin-u.ac.jp/
所在地:〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
電 話:0422-47-5511

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. なぜ手洗いは感染予防に効果的か 洋服にウイルスが付いたらどうする? 専門家に聞く

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです