メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・茨城大

新企画「1dayキャンパス」 11月4日に守谷市で第1弾開催

イベントのちらし

[PR]

今年9月に、守谷市と茨城大農学部の間で協定が結ばれた(左から松丸修丸市長と同大農学部長の久留主教授)

 茨城大学は11月4日、「茨城大学1day(ワンデイ)キャンパス in 守谷」と題し、「農&食のグローバル化への地域のチャレンジ」をテーマに一般向けのイベントを、茨城県守谷市の同市中央公民館で開催する。

 この催しは、「地域創生の知の拠点として、世界的な強み・特色が輝く大学」を目指す同大が、地域のさまざまな場所で教育や研究の成果を発信するとともに、各地の人々との交流を深める企画だ。その第1弾として、9月に同大農学部と守谷市が連携協定を結んだことを記念し、行われる。

 イベントでは、農学部の教員がミニ講義として農業や食を巡るグローバルな状況を紹介。さらに、守谷市の農産物や加工品を応援する活動をしている「もりや循環型農食健協議会(もりあぐ)」代表の伊東明彦氏や、大規模な米づくりに取り組む横田農場(同県龍ケ崎市)の代表で同大卒業生の横田修一氏らとのパネルディスカッションを通し、農・食の分野における地域の取り組みの可能性を探る。スペシャル講義として、世界規模で食品の製造販売を行う不二製油グループ本社(本社・大阪府)の代表取締役社長・CEOの清水洋史氏を招き、「世界の食糧事情が変わる!? グローバル食ビジネス最先端」と題した講演を行う。

 もりや循環型農食健協議会の協力による「おいしい! 守谷の新鮮市」や、高校生向けの「イバダイ体験コーナー」といった企画も同時開催。守谷市の農業の魅力と、食の将来を見据えた茨城大の最新の取り組みが分かる構成になっている。

 同大農学部長の久留主泰朗教授は、「食市場のグローバル化、AI(人工知能)を活用した効率的な農業への変革は、全国2位の産出額を誇る茨城の農業にも大きな影響を与えつつある。そうした中でも地域の食のインフラを持続させていくために私たちが持つべき視野を、参加者と一緒に考え、養うイベントだ。ぜひ多くの方に参加してほしい」と話している。開催時間は午後1時半から同4時まで。入場無料。

茨城大

公式HP:http://www.ibaraki.ac.jp/
所在地:〒310-8512 水戸市文京2-1-1
電 話:029-228-8111

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです