メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東京造形大

近隣の園児84人がキャンパス訪問 学生22人とワークショップに挑戦

「がらがら太鼓さん」に自由に彩色する園児たち

[PR]

一列に並んで、彫刻棟を珍しそうに見学
参加者全員で記念撮影

 東京ゆりかご幼稚園(東京都八王子市)の園児84人が10月11日、近隣にキャンパスを持つ東京造形大学を訪問し、学生と交流した。子どものための玩具や家具のデザインを研究する春日明夫教授の研究室に所属する学生22人が学内を案内したり、太鼓に彩色するワークショップを実施したりし、充実したひとときを共有した。

 園児たちはまず、キャンパスを「探検」。アトリエや食堂などの施設を見て回ったり、吹き抜け構造の建物の天窓から差し込む光を珍しそうに眺めたりした。また、授業で学生たちが熱心に制作に打ち込む姿も見学した。

 学内の芝生広場で行われた「がらがら太鼓さんワークショップ」では、白い和紙を貼り合わせて作った直径90センチほどの大きな太鼓を学生たちが用意した。太鼓の中にはあらかじめ木片入りのボール形カプセルをしのばせ、園児たちが転がすと「がらがら」と音がする仕掛けが施された。

 六つのグループに分かれた園児たちは、学生の手を借りながら霧吹きに入ったアクリル絵の具を太鼓に吹きかけて楽しんだ。赤、青、黄色が鮮やかに混ざり合った個性豊かな「がらがら太鼓さん」が完成すると、園児たちによる「班対抗リレー」を開催。広い芝生の上をカラフルな太鼓が「がらがら」と音を立てながら転がると、園児たちから大きな歓声が上がった。

 ワークショップ終了後には、食堂で学生たちと昼食を取り、更に交流を深めた。

 八王子の豊かな自然に囲まれた環境を生かしたワークショップを中心とした同大と同園の交流は、昨年度から継続して実施されている。今年6月には、幼稚園の森の間伐材を使ったワークショップ「希望の森プロジェクト」を開催。今回は園児たちが昨年に引き続き、キャンパスを訪れた。

 参加したデザイン学科メディアデザイン専攻領域4年の鈴木七生さんは「どうすれば大学のキャンパスで園児たちを楽しませることができるかを、ゼミ生一丸となって模索してきました。帰りのバスに乗った園児たちのあふれる笑顔を見て、充実した一日を過ごしてくれたことを実感しました。実りと学びの多い時間を過ごせました」と手応えを感じていた。

東京造形大

公式HP:http://www.zokei.ac.jp/
所在地:〒192-0992 東京都八王子市宇津貫町1556
電 話:042-637-8111

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新種昆虫に“中村哲医師” エジプト人研究員が命名提案 「功績を知って」

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです