メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ウチの学校祭

文教大越谷校舎 50回目の藍蓼祭は「藍らしく!」進化 11月3~5日

藍蓼祭を締めくくる恒例のレーザーショー(昨年)

[PR]

昨年のメインステージ。今年もさまざまな演出が飛び出します

 文教大学越谷キャンパス(埼玉県越谷市)の大学祭「藍蓼(あいたで)祭」は、11月3~5日の3日間開催します。50回目を迎える今年のテーマは、「藍らしく!」に決定しました。節目の年に初心に戻り、藍蓼祭らしい学園祭にしようという意味を込め、文教大学の建学の精神である「人間愛」の「愛」に重ねています。過去の実績を生かし、更に進化すべく内容を充実させ、盛りだくさんの3日間です。

     1日目はロックバンド「フジファブリック」のメインコンサート(チケット2500円)、2日目には子どもたちを対象とした「ちびっこ大抽選会CHAMCHAMQUEST~女神の導き~」、今流行中のリアル脱出ゲームをアレンジした「謎解き~おもちゃ王国からの脱出~」、藍蓼祭参加団体によるB級グルメグランプリ「文教グルメコンテスト」を開催します。3日目には藍蓼祭の代名詞とも言えるレーザーショーで、フィナーレにふさわしい最高の感動をお届けします。

     最高の学園祭にしますのでぜひ、お越しください。よろしくお願いします!! より詳しい情報は、藍蓼祭実行本部のホームページをご覧ください。【藍蓼祭実行本部長・文学部3年 森本雄貴 】

    文教大

    公式HP:http://www.bunkyo.ac.jp/
    所在地:〒142-0064 東京都品川区旗の台3-2-17
    電 話:03-3783-5511

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

    2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

    3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

    4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

    5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです