メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・学習院大 巡回展「辻邦生のパリ」紹介 東京・日仏会館

復元展示された辻邦生の自宅(東京・高輪)の書斎の机

 『背教者ユリアヌス』『西行花伝』などの長編小説で知られる作家、辻邦生(1925~99年)の巡回展覧会「辻邦生--パリの隠者」(学習院大学史料館主催、毎日新聞社など後援)が東京・恵比寿の日仏会館ギャラリーで開催されている。

     昨年11月、フランスのパリ日本文化会館、ストラスブール大を会場に海外で初めて開かれた展覧会を再現した。50年代のパリ留学から、学習院大仏文科教授としてパリ大学で講義を担当した80年代まで、現地での生活の様子や文学上の功績に加え、同行した西洋美術史家の佐保子夫人(30~2011年)についても紹介されている。

     自筆原稿や創作メモ、日記や愛用品、ユニークな自筆漫画の展示のほか、東京・高輪の自宅書斎の様子(一部)も公開される。また、89年の作品『銀杏(いちょう)散りやまず』に描かれた薩摩琵琶(びわ)奏者の父、辻靖剛(1892~1981年)ゆかりの琵琶や復元された正倉院の螺鈿紫檀五絃(らでんしたんごげん)琵琶を併せて展示する。

     11月18日まで。開館は正午~午後8時(最終日は午後4時閉館)。会期中の12日午後2時には、仏文学者の保苅瑞穂・東京大名誉教授が「辻邦生の読んだプルースト」と題して同会館ホールで講演する。入場無料。定員130人(当日先着順)。問い合わせは学習院大史料館(03・5992・1173)。【井上卓弥】

    学習院大

    公式HP:http://www.univ.gakushuin.ac.jp/
    所在地:〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1
    電 話:03-5992-1008

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
    2. 日馬富士暴行 貴乃花親方、協会と溝深く 黙して語らず
    3. どうすれば安全安心 夜に何度も目が覚める 1カ月続いたら受診を
    4. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
    5. 日馬富士暴行 「堂々巡りだから」貴乃花親方、法的手段も

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]