メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大学倶楽部・聖学院大

聖学院大学 11月3、4日 子どもからお年寄りまで輝く 30年目のヴェリ革命

快晴に恵まれ、2日間で3127人がつめかけた

[PR]

留学生たちによる国際色豊かな模擬店。母国の料理を披露した
ボラフェスには子ども広場も用意。幼稚園や小学校教諭を目指す学生たちが活躍した

 聖学院大学の「第30回ヴェリタス祭」が11月3、4の両日に開催された。今年のテーマは「燦(SUN)~30年目のヴェリ革命~」。30回目という節目であり、今までとは違う輝きのあるものにしたいという思いが込められている。実行委員は毎年、つなぎを着ているが、今年はテーマに合わせて「黄色」にした。

     2日間、毎年恒例のお笑いライブやアーティストライブをはじめ、BINGO、後夜祭などさまざまなイベントが企画された。ヴェリタス祭は、小さい子どもからお年寄りまで楽しんでもらえる企画が多くある。部活動・同好会やゼミ、有志団体などの模擬店や展示などもあり、学内全体が盛り上がった。また、政治経済学部と人間福祉学部こども心理学科が講演会を開いた。

     聖学院大学の特徴の一つとして「地域連携」がある。ヴェリタス祭では、学内のボランティア活動支援センターの協力で「ボラフェス」を開催。地域の障がい者施設やボランティア団体を招いて手作り食品や商品の実演などをした。

     2018年、聖学院大学は創立30周年を迎える。今年のヴェリタス祭のテーマの中でも使われた「燦」には「かがやく」という意味がある。これまで「面倒見のよい大学」として評価の高い聖学院大学は、11月3日に新たなタグライン(スローガン)「一人を愛し、一人を育む。」を発表した。新たなタグラインの下、学生だけではなく、大学に関わる一人一人が自分自身の可能性を信じ、その人らしく輝いていってほしいと思う。【ヴェリタス祭実行委員・政治経済学部4年 新浜朱音】

    聖学院大

    公式HP:http://www.seigakuin.jp/
    所在地:〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1番1号
    電 話:048-780-1707

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

    2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

    3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

    4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

    5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです