メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・国学院大

讃岐うどん新メニューで早大学食研究会と対決 11月13~17日 渋谷で

国学院大・ゆず豆乳うどん対早大・ローストビーフうどんの「学食バトル」のポスター
国学院大学生アドバイザーが考案したゆず豆乳うどん
早大学食研究会のローストビーフうどん

 国学院大学の大学PRサークル「学生アドバイザー」(40人)と早大学食研究会(60人)が11月13~17日、国学院大の学食「和(NAGOMI)」で讃岐うどん新メニューの売上数を競う「学食バトル」を繰り広げる。一般も参加でき、学食文化の発信と知名度アップを図る。

     早大学食研究会は半年に一度、メンバーの投票による学食ランキングを発表している。中でも「和」は上位にランクインする常連だ。そこで、研究会は「ぜひ『和』でオリジナルメニューを考案したい」と提案。逆に国学院大側から「和」の看板メニューの一つである讃岐うどんを使った新メニュー対決を提案して実現した。

     国学院大は、日本文化を意識したゆずとショウガを効かせた「ゆず豆乳うどん」を考案した。野菜も多くこれからの寒い季節にはぴったり。一方の早大は、スクールカラー・エンジをイメージした牛肉たっぷりの「ローストビーフうどん」で勝負する。ワサビとオリーブオイルのソースが決め手だ。価格はいずれも500円で、一日限定50杯。提供時間は午前10時半~午後5時。11月20日に国学院大で結果を発表する。

     学生アドバイザーで法学部3年の尾沢桃子さんは「食欲をそそる爽やかなゆずの香り、具だくさんの野菜や意外にあっさりとしたスープ、そして香川県直送うどん麺まで余すことなく楽しめる一品です」と力を込める。一方、早大商学部3年の木寅皓介さんは「今までありそうでなかったローストビーフとうどんの組み合わせで新感覚の味わいとなっています。味良し、彩り良しで学食研究会の自信作です!」とアピールした。問い合わせは国学院大学広報課(03・5466・0130)。

    国学院大

    公式HP:http://www.kokugakuin.ac.jp/
    所在地:〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28
    電 話:03-5466-0130

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
    3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
    5. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです