メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・工学院大

倉庫業者利用で蔵書空間を学習スペースに 新図書館利用者が3倍増 八王子

3月に建設された八王子キャンパスの新校舎。図書館は4階にある
個人やグループ学習ができる図書館内のスペース

 工学院大学が今年3月に八王子キャンパスに建設した新校舎(新2号館)にある図書館の学生利用者数が、飛躍的に伸びている。倉庫業者を利用して図書サービスの質は変えないまま蔵書・資料を減らし、空いた空間を学習スペースに変えたことで、建て替え前と比べて月平均利用者が3倍増となった。

     図書館は地上7階建て新校舎の4階にあり、広さは約1015平方メートル。倉庫業、寺田倉庫(東京都品川区)と契約して最新のICT(情報通信技術)システムを活用、以前の図書館にあった蔵書・資料約13万冊を3万冊まで減らした。寺田倉庫にある書籍は、システムを利用して必要な時に取り寄せられる。

     書架スペースの削減により、新たに個人学習、共学スペース(同大付属中学・高校生も利用可)、グループ学習室などの空間が生まれた。学生の自主的・積極的な学習(アクティブラーニング)機会も増え、旧図書館利用者が月平均約3000人だったのに対し、今年は約1万人に急増した。

     こうした取り組みは、11月7~9日に横浜市のパシフィコ横浜で開かれた「第19回図書館総合展」フォーラム内の講演会で図書館長の加藤潔教授らにより報告された。

    工学院大

    公式HP:http://www.kogakuin.ac.jp/
    所在地:〒163-8677 東京都新宿区西新宿1-24-2
    電 話:03-3340-1498

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
    2. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
    3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
    4. 自民・杉田議員 「生産性がない」寄稿 先輩議員が擁護と投稿 LGBT支援団体は抗議 
    5. あおり運転 堺の大学生死亡、追突の運転手を殺人罪で起訴

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]