メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの学校祭

亜細亜大 テーマは「つながり」 金爆と「まるちゃん」も共演!

アジア祭公式キャラクター「まるちゃん」の着ぐるみとふれあう来場者
多くの来場者でキャンパスが埋まりました

 「第59回アジア祭」が、10月31日の前夜祭を皮切りに、11月4日まで開催されました。今年のテーマは「NEXUS」。「つながり」という意味を持つNEXUSに、私達(US)とアジア祭に参加するすべての人が「関わりNETWORK(NE)」を持ちたい、という願いが込められています。

     期間中は、毎年恒例の学内各団体による模擬店や展示をはじめ、ミス・ミスターコンテスト、ステージ発表、トークショー、お笑いライブなどさまざまな企画が行われました。亜細亜大学には400人近くの留学生が在籍しているのですが、彼らが作る本場の料理を出す屋台もあり、例年同様に好評でした。

     特に盛り上がりを見せたのは、1日目に行われた、ゴールデンボンバーによるアーティストライブです。チケットは学内・学外ともに即日完売し、当日は約1500人の観客が集まりました。ライブ中は、メンバーの方がアジア祭の公式キャラクター「まるちゃん」と一緒に歌ったり、一緒に写真を撮ったりして、アジア祭を盛り上げてくれました。

     また今年は新企画として、抽選会を行いました。屋台の紹介や投票機能が備わっている「アジア祭公式アプリ」をダウンロードした人全員が参加でき、グルメカタログや動物園のチケットなど、さまざまな景品が用意されました。景品はその場で手渡しだったので、当選した方に非常に喜んでもらうことができました。運営側としても、直接来場者の反応に触れられる企画となりました。

     全日天候に恵まれ、多くの人に来場いただけた5日間。村上優太郎・アジア祭実行委員長(法学部3年)は「テーマに込めた意味通り、節目となる来年度の60回に『つながる』すばらしいアジア祭となりました」と振り返りました。【アジア祭実行委員・経済学部3年 北村つくし】

    亜細亜大

    公式HP:http://www.asia-u.ac.jp
    所在地:〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10
    電 話:0422-36-3238

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
    3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
    4. プロ野球 広島、マジック1
    5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです