連載

大学倶楽部・明治大

公式HP:http://www.meiji.ac.jp/ 所在地:〒101-8301  東京都千代田区神田駿河台1-1 電話:03-3296-4545

連載一覧

大学倶楽部・明治大

宮崎・延岡藩の大砲試射 市民団体が大学寄贈の絵図の通りに再現 12月10日

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2001年に宮崎県延岡市の方財海岸であった大砲試射(延岡市提供) 拡大
2001年に宮崎県延岡市の方財海岸であった大砲試射(延岡市提供)

 旧延岡藩内藤家ゆかりの「亀井の丘」の整備や地域行事、伝統文化継承活動などを続ける宮崎県延岡市の市民グループ「亀井の丘夢づくりの会」(奥村淳一会長)は12月10日、藩政時代に当時の方財海岸で同藩が行った大砲(おおづつ)(大筒)試射を2001年以来再現する。

 試射は市の「市民まちづくり活動支援助成事業」の一環。2001年12月に文科省の支援事業で実施して以来。

 福岡黒田藩に伝わる砲術「陽流抱え大筒」の第16代家元、尾上城由江さんらを招く。93年に内藤家の当主政道氏が明治大学に寄贈した約190年前の絵図「延岡宝財嶋玉町之図」(明治大学博物館蔵、30×41・5センチ)に描かれている当時の大砲遠距離試射を再現する。

 当日は、明治大図書館総務事務長の伊能秀明博士が市立方財小体育館で児童や地域住民を対象に「延岡宝財嶋玉町之図」について講演し、その後近くの海岸で試射をする。

 重さ約30キロの「百匁(もんめ)大筒」などが使われ、空砲を8発試射する。講演や試射は一般市民にも公開する。【荒木勲】

あわせて読みたい