メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・立正大

埼玉・熊谷キャンパス50周年 地域政策立案へ人材養成 20年、新学部開設方針

「熊谷キャンパス宣言」を発表する斉藤昇学長

 立正大学は11月26日、埼玉県熊谷市万吉の熊谷キャンパス開設50周年の記念祝賀会を同市内のホテルで開いた。斉藤昇学長が熊谷キャンパスの将来ビジョンをまとめた「熊谷キャンパス宣言」を発表し、地域の課題を発見・探求して地域政策を立案できる人材養成などを目的とする新学部を2020年4月に開設する方針などを明らかにした。

     宣言ではこのほか、陸上競技部に駅伝チームを創設することや、農薬などを使わずに土中微生物の有機的な働きを最大限いかす研究の拠点として、自然栽培研究センターを設置することなどを盛り込んだ。駅伝チームの監督には、現役時代にヱスビー食品で活躍した中村孝生さんが来年4月から就任し、数年以内に箱根駅伝本大会出場を目指すという。

     立正大は現在、品川と熊谷の両キャンパスで仏教、文、経済、経営、法、社会福祉、地球環境科学、心理の8学部に約1万人が学んでいる。熊谷キャンパスは1967年に開設された。【中山信】

    立正大

    公式HP:http://www.ris.ac.jp
    所在地:〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16
    電 話:03-3492-5250

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
    2. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き
    3. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
    4. 「桜を見る会」安倍政権で拡大 支出は当初予算の3倍 「政権近い人招待」と批判も
    5. ORICON NEWS 福田雄一監督版 ドラマ『聖☆おにいさん』NHK総合で放送

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです